白血球は白いの?

白血球は白い色素があるわけではありません。白血球の主な働きは、体を感染から守ることです。

スポンサードリンク


白血球はどんな細胞?


白血球は赤血球が赤いから、白い??
いいえ。白い色素があるわけではありません。


白血球の主な働きは、体を感染から守ることです。


白血球の数は赤血球に比べて少なく、赤血球約660個に対して1個の割合です。
通常、血液1mm3中、約6、000〜8、000個。(赤血球450〜500万個)

大きさは直径約6〜20μmです。(赤血球は約8μm)


赤血球のような単一細胞ではなく
アメーバーのように、体を自由自在に変化させながら動くことができます。


白血球のタイプ


白血球には5つのタイプがあります。(無色透明に近いので染色しています)


wbc2.jpg


1.好中球は、細菌や真菌を殺し異物を取りこむことによって、体を感染症から守ります。

2.単球は死んだ細胞や損傷した細胞を取りこみ、さまざまな感染微生物から体を守ります。

  細胞が細菌や微小な異物を細胞内に取り込む作用を貪食作用または、食作用といいます。

3.好酸球は寄生虫を殺し、癌細胞を破壊するほか、アレルギー反応にも関係しています。

4.好塩基球もアレルギー反応に関係しています。

5.リンパ球には3つの種類があります。

   Tリンパ球とナチュラルキラー細胞は、ウイルスの感染を防ぎ、
   ある種の癌細胞を発見して破壊します。

   Bリンパ球は抗体をつくる細胞に変化します


白血球の働き


わたしたちの体にはさまざまな免疫機能がそなわっており、
外から侵入した異物から体を守っています。


白血球は、この免疫機能の主役を担い、
空気中の細菌やウイルスからわたしたちの体を守ってくれているのです。


白血球は異物が侵入すると、これを認識し、すばやく攻撃しようとします。


自身の中に取り込んで消化したり、抗体(異物をキャッチするもの)を作り、
体の外に排除しようとするのです。


その戦いの際に炎症が起こります。


炎症が起こるということは、単に体に良くないというわけではなく、
これら免疫機能のあかしでもあるのですね。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.