白血球にも血液型があるの?

白血球にも血液型(HLA型)があります。数万通りの組合せがあり臓器移植の際に必要です。

スポンサードリンク


白血球にも血液型があるの?


赤血球に血液型があるように、もちろん!白血球にも血液型があります。

血液型占いで白血球型は絶対に使われませんが、
人生を左右するかもしれないのは、赤血球よりも、むしろ白血球型です。


白血球の血液型は、HLA型


1954年に白血球の血液型として発見されました。

Human Leukocyte Antigen(ヒト白血球型抗原)の頭文字をとったものです。

別名を組織適合性抗原、または主要組織適合性複合体
(Major Histocompatibility Complex ; MHC)とも呼ばれています。

この抗原の遺伝子は すべて第6染色体の短腕に集中しています。

HLA型は現在まで200 種以上見つかっており、今もって増加しています。


白血球型は親子、兄弟の間でも一致することはほとんどなく、
数万通りの組合せがあります。


HLAはA、B、C、DR、DQ、DPなど多くの抗原の組み合わせで構成され、
なかでも骨髄移植で重要と考えられているのはA、B、DRの3つです。

さらにA、B、DRとも10〜数十種類の違ったタイプがあり、
個人はそれぞれ2個ずつ、合計6個の抗原を持っているのです。

つまりA〈A24とA11〉、B〈B52とB62〉、DR〈DR2とDR4〉……などという具合で、
それぞれの組み合わせは両親からの遺伝で決まってくるものです。


HLA型の遺伝


HLAはA、B、C、DR、DQ、DPなど多くの抗原の組み合わせで構成され、
なかでも骨髄移植で重要と考えられているのはA、B、DRの3つです。

さらにA、B、DRとも10〜数十種類の違ったタイプがあり、
個人はそれぞれ2個ずつ、合計6個の抗原を持っているのです。

つまりA〈A24とA11〉、B〈B52とB62〉、DR〈DR2とDR4〉……などという具合で、
それぞれの組み合わせは両親からの遺伝で決まってくるものです。

両親よりその半分ずつを遺伝的に受け継ぐため
HLA型は兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致します。


しかし、非血縁者間では数百〜数万分の1の確率でしか一致しません。




スポンサードリンク

HLA型が合わないとどうなるの?


HLAは、自分と他人を厳密に識別する目印になっています。

白血球は、自分のHLAの型に合わないものはすべて病原体や異物と認識して、
攻撃を始めてしまいます。


ですから、臓器を他人に移植する場合、相手の「赤血球」型が同じでも
白血球型が違うと移植はできません。


臓器移植で、臓器提供者が見つかりにくい原因のひとつに
白血球型が合わないことがあげられています。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.