エイズにかかると白血球が破壊される

AIDS(エイズ)はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって、白血球内のリンパ球T細胞が破壊されてしまうためにおこります  

スポンサードリンク


  
 白血球のことを話すなら、「エイズ」のことを忘れてはなりません!
 
 
 あなたはもちろん!「エイズ」っていう名前はよく御存じでしょう?!
 
 
 世界的に感染者数は増加の一途ですが、
 まだ、治療法が確立されていない、こわい病気だってことも!
 
 
 でも、どうして「エイズ」がこわいのか?よくわかっている人は少ないのでは?
 
 

HIV と AIDS


 
 
 まずは、略号から・・・
 
 
 ● HIVとは
 
 ヒト免疫不全ウイルス(Human immunodeficiency virus)の略。
 
 
 現在までに、HIVは、HIV-1型とHIV-2型が認められていますが、
 世界で蔓延しているのはHIV-1型のほうです。
 
 
 ●AIDS(エイズ)
 
 後天性免疫不全症候群(Acquired Immunodeficiency Syndrome) の略。
 
 

AIDS(エイズ)とは

 
 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって、免疫の中枢である
 白血球内のリンパ球T細胞が破壊されてしまうために、
 
 免疫機能が働かなくなり、体内に侵入してきたウイルスや細菌などの
 繁殖に対して,抵抗できなくなってしまい,
 
 さまざまな病気を引き起こした状態のことをいうのです。
 
 

HIVウイルスの感染


 
 
 感染後、HIVウイルスは白血球(リンパ球)の中で増殖を続けるので、
 一度感染すると、いわゆるウイルス保有者となります。
 
 
 でもHIVウイルス保有者の全員がエイズ(AIDS)患者となるとは限りません。
 
 
 それは、HIV感染からAIDS発病までには、平均13年と長いからです。
 
 
 HIVウイルスの感染後1週間程度で、発熱、倦怠感、咽頭痛、頭痛、リンパ節の
 腫脹、皮膚の紅斑などの初期症状が出る場合がありますが、すぐに症状が消え
 るので見逃されてしまうことが多いです。
 
 
 感染してから5〜10年位を経て、免疫力が低下してくると、
 
 
 

エイズは日和見感染症

 
日和見感染症は通常はかかっても発病しない、細菌・ウイルス・原虫・カビなどの微生物に侵されることによって発症する感染症のことです。
 
症状としては、持続する下痢・発熱。体重減少、リンパ節の腫脹などが現れてきます。
 
日和見感染症を発症してからの状態をエイズと呼びます。
 
 
 
 エイズのこと!すこしはわかっていただけたでしょうか?
 
 エイズになってしまったら、他のウイルスや菌などに対する抵抗がなくなるわ
 けです。
 
 
 ですから、風邪なんてひこうものならたいへん!!死に至る危険があります。
 
 
 また、肺や手の平、体に「カビ」が生えてしまうことだってあるのです。
 
 



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.