血小板数が増加?

血小板が100万を超えるようになると血液が凝固しやすくなり、血栓ができたり、出血しやすくなったりします。

スポンサードリンク


血小板数の基準値は 13〜40万/μlです。


昨日は血小板が減少した場合におこる症状についてお話ししましたが、


逆に、血小板が増加した場合についてお話ししましょう!


血小板が増えることはあまり多くないので、一般には注目されていませんが、
血小板数は多すぎてもよくないのです。


血小板増加症とは?


血小板数が40万/μl 以上ある場合を血小板増加症と呼びます。


血小板増加症という言葉は、病名ではなくからだの状態を表現する言葉です。


すなわち、血小板増加症の原因となる身体異常、いいかえれば基礎疾患が、
必ずその裏に隠れていることになります。

血小板が増加する仕組みは骨髄での産出量が増えているか、
脾臓から蓄積された血小板が過剰に流出しているかによります。


多くの場合は骨髄での過剰に血小板が産生されることです。

血小板数が、60万〜70万くらいの増加では無症状のことが多いので
気がつかないことが多いのですが、


さすがに、100万を超えるようになると血液が凝固しやすくなり、
小さな血管が詰まる血栓ができたり、かえって出血しやすくなったりします。


血小板増加症の原因となる病気


一次性のものとして骨髄における巨核球が腫瘍性に増殖するもの


二次性のものとしては、悪性腫瘍(特に肺癌、胃癌等)、リウマチ等の慢性炎症、
鉄欠乏性貧血等の各種疾患が原因とされています。


血小板が増加しても一般的には50〜60万/μlまでは治療の必要はありません。


これ以上血小板が増加する場合は、抗血小板の投与が行われます


出血しやすくなる病気には、血小板の異常によるもの以外にもあります。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.