止血の基本は「押さえる」?!

止血の基本は大出血かどうかにかかわらず出血部位を直接圧迫することです。

スポンサードリンク



私達の体には、体重の13分の1の血液があると言われています。

つまり体重60sの成人で、約5gの血液があると言うことになります。


一般に体内の血液の20%(約1リットル)が急速に失われると、「出血性ショック」を起こします。

顔面は青白くなり、指先は冷たくなり、意識が障害されます。

30%(約1.5リットル)を失えば、生命に危険を及ぼします。


出血量が多いほど、また出血が激しいほど止血を急ぐ必要があります。


直接圧迫止血法


止血の基本は、大出血かどうかにかかわらず、

出血部位を直接圧迫することです。


傷口の血管を押しつぶして血液の流れを止めることで、止血機構の働きを助けます。


止血


1.傷口が汚れている場合は、水道水で土や砂を洗い流す。

2.傷口に清潔なガーゼ、ハンカチなどをあて、手で圧迫する。

3.ケガをした腕や足を心臓よりも高く上げれば、より効果的。

4.血が布にじんできても、取り換えずに、
  その上からさらにガーゼなどを当てて縛る。
    
5.片手で圧迫しても止血しないとき(大きな血管からの出血の場合)は、
  両手で体重を乗せながら圧迫止血する。


当てたガーゼやハンカチは、少なくても3〜4分は剥がさないでください。
早く剥がすと固まりかけた血液がガーゼ等と一緒に剥がれ、
再出血してしまいます


また、輪ゴムなどを巻き付ける人がいますが、
糸・ひも・輪ゴム等の細いもので、指、手首、肘、足首などを縛りつけると、
血管や神経を傷つけることになるので、しないでください。
巻くときには幅の広い物にしましょう。

これで、ほとんどの出血は止血できますが、
止血しない場合には、どうすればいいのでしょうか?

 止血点を圧迫



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.