救急車を呼ぶ時の手順とは?

119番通報の一般的な注意事項について紹介します。

スポンサードリンク


あなたは救急車を呼んだことがありますか?


急病や事故で救急車を呼ぶときは、周りのひとも動転しています。

そのために、119番通報しても、なかなか要領を得ないことが多いものです。


救急車に1分1秒でも早く到着してもらうために、私たちが出来ること!


119番通報の一般的な注意事項


1.119番通報したら、慌てず、質問されたことだけに答えるようにします。

 
  ・けが または 病気の区別。
  
  ・住所・わかりやすい目標
 
  ・氏名 性別 身体的特徴

  ・けが、病気の状態 など


2.あわてていると、とっさに、言葉が出てこないことがよくあります。

  そのために、普段から、電話の近くに

  住所、電話番号、世帯主名、付近の目標物を書いてあるメモを置くように。

  子供や老人でもわかるように大きくカナをふるなどの工夫も必要です。


3.携帯電話からの通報は気をつけましょう!

  必ずしも地元の消防本部へつながるとは限らないからです。
  ですから、携帯からの通報では、必ず市町村名が必要です。


  地元で受信した以外は、その地域を管轄する消防本部に転送してくれますから、
  そのまま取扱者がでるまで待ってから、詳しい内容を話して下さい。


4.携帯電話は電波の関係で、途中で通話が途切れる場合もありますので、
  必ず、携帯で電話していることと、電話番号と名前を先に話します。

 
  携帯で119番がつながらない地域もまだあります。
  つながらない場合でも、110番はつながりますので、110番通報をしましょう。


5.電話口で応急手当等の方法等を教えてくれる消防署もあります。

  救急車はすでに出動していますので、その時には、慌てずに落ち着いて
  指示に従うようにして下さい。


  ・意識が無いときは、呼吸がしやすいように頭を後方にそらせて、
   のどをひろげ、気道を確保する。
 
  ・口の中に何かつまっていたら、取り出す。

  ・出血が多量なら、すぐに布などで止血する

  ・呼吸が止まってしまったら、口移しに息を吹き込む
     (人工呼吸のできる人の場合のみ)。

  ・脈がなかったら口移しに息を吹き込み心臓部の胸骨を繰り返し圧迫する 
     (心臓マッサージのできる人の場合のみ)。


6.119番通報が終了しても、もう一度消防本部や救急車から電話が掛かること
  もありますので、救急車が到着するまで、その電話は使用しないで下さい。


7.健康保険証または診察券(受診している病院の場合)を用意する。


8.救急車のサイレンが聞こえてきたら、案内する。


9.主治医がある場合などを除き、必ず救急隊員に一任してください。

前にも言いましたが、救急車はタクシーではありません。

ですから、原則として、こちらから病院を指定する事は出来ません。

地区で定められた救急当番医療機関に搬送されます。

私は、父のことで4回も救急車に同乗しました。

1〜3回目の時に搬送されたのは、救急指定病院でした。


4回目の時には、脳梗塞の状態でした。


父は糖尿病、肝臓がん、慢性肝炎、肺気腫などなどいろんな病気を併発していて、
始めての病院ではとても対応できないだろうと思っていました。


ですから、父が脳梗塞で倒れたときには、最初にかかりつけの病院に電話をして、
病状を話しました。


すぐに来るようにと言われたので、父が2階にいることを告げ、運べないので、
救急車で搬送してもいいかたずねました。


許可が出たので、すぐに、119番通報をして、その病院への搬送をお願いしました。


その日はその病院が救急日ではなかったので、消防署で何度も何度も
ほんとうに搬送してもいいのか尋ねられました。


救急車に乗り込んでからも、2〜3回念を押されてしまいました。
せっかく運んでも門前払いをくうことがよくあるからなんだそうです。


でも、事前に病院の許可をとっていたので、病院に着いたときには
主治医が待機、点滴やCTの準備まで整ってました。


おかげで、15日間は意識不明が続いたものの、意識が回復。
半年後には、寝たきりの状態でしたが退院できるまでになったのです。


父の場合は例外かもしれませんが、あわてず、適切な処置をとることが、
非常時には必要です!


子どもや老人の場合。また交通事故の時にどう対応すればいいのか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

救急車が到着するまでにあなたは何をしますか?

いざというとき、あわてないために!
普段から、家族で非常時の対処の仕方を話し合っておくといいでしょう!!



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.