1日に作られる原尿の量はドラム缶1本分も?!

腎臓で原尿が1日に作られる量は約180リットル。再吸収されて、1日に排せつされる尿量は成人で約1.5リットル。

スポンサードリンク


1日の尿量

1日に排せつされる尿量は成人で、約1.5リットルです。

0.5〜2リットルなら、正常範囲です。

飲水量、気温、発汗量、精神状態などでかなり変動。夜間は昼間より少なく1/3〜1/4になります。

また、コーヒーやビールを飲むと、利尿作用によって尿量が増えます。


尿のもと(原尿)は腎臓で作られる


血液中の老廃物をろ過して尿を作るのは腎臓です。ここで尿のもと(原尿)が作られますが、1日に作られる原尿の量はなんと約180リットルl(ほぼドラム缶1本分)にも。


尿として排せつされるのは原尿の100分の1程度になるのは、原尿は腎組織の皮質にある糸球体に続く尿細管を流れていくうちに、水分とそこに溶けている物質の一部は再び血液に吸収されるからです。


この吸収された物質の一部は、もう一度尿細管から排せつ・分泌されるという、複雑なシステムになっています。そのため、原尿の量は大幅に減るというわけですね。このおかげで、老廃物や取りすぎた物質を体外に捨てて、体に必要なものを適量だけ取り戻し、血液成分を一定にしているのです。


尿量が減る場合


1日の尿量が、0.4リットル以下になった状態を「乏尿」、全く出ないのを「無尿」といいます。


やけどや外傷、吐血、下血、心臓病、敗血症などの時は、脱水やショックで腎臓への血流が弱くなって、腎不全を起こし、乏尿になります。


尿量が増える


1日の尿量が2.5リットルを超える場合が、「多尿」です。尿崩症や急性腎不全、糖尿病でも起こります。


   尿量の異常から考えられる主な病気 - goo ヘルスケア


尿量の異常は、危険な状態の場合が多くありますので、精密検査が必要になります。

★★★★


スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.