尿検査とは?

尿検査は一般検査の基本的なもので、尿中の各種細胞、たんぱく、糖などによって身体の基本情報をさぐる検査です。

スポンサードリンク


尿検査は検査で最も基本の検査です。


尿検査でなにを調べるの?


尿検査は一般検査の基本的なものです。


尿中の各種細胞、たんぱく、糖などによって身体の基本情報をさぐる検査です。


尿とは、腎臓が、血液によって体中から運ばれてきた不用物を余分な水分とともに
排泄してきたものです。


尿の検査は、腎や尿路の疾患を発見するのが第一なのですが、
身体のどこかに異常があると、排泄されるべきものがされていなかったり、
排泄してはいけないものが尿にまじってしまったりするのです。


ですから、尿検査によって、腎臓や膀胱の異常、糖尿病、肝臓病、膠原病、
骨髄腫、そして、悪性腫瘍なども発見する手がかりとなるわけですね。


尿検査の項目


1.尿をそのまま調べる方法


色や量、比重、尿沈査の顕微鏡検査など


2.尿中の成分を調べる方法


pH、タンパク、糖、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体、など


尿検査

尿検査のほとんどは試験紙で簡単に調べられます。


自宅でチェックしてみましょう!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


★★★★
★★★★★



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.