尿潜血反応が陽性と出たら?

尿潜血反応が陽性(+)の時は血尿でなくても尿に赤血球が降りていることを示します。まず疑われるのは膀胱炎です。腎臓や膀胱のがんの可能性もあります。

スポンサードリンク


尿潜血反応が陽性と出たときにもっとも多いのは膀胱炎です。
またどうしても見逃せない病気としては、腎臓や膀胱の 「がん」 があります。


がんは早期のうちは無症状であることが多いのですが、
腎臓や膀胱のがんの場合は、最も早く現れる症状が血尿なのです。


特に40歳以上のがん年齢の方は気を付けてチェックしましょう。



陽性で疑われる病気


陽性をしめす病気は以下の通りです。


腎臓疾患:腎癌、急性腎炎、慢性腎炎、腎結石、腎結核、腎臓の外傷など

尿管疾患:尿管結石、尿管腫瘍

膀胱疾患:膀胱炎、膀胱腫瘍、膀胱結石

尿道疾患:尿道炎、淋病、前立腺炎、尿道の異物など


陽性のときどうするか?


1回の検査で病気を判定することはできません。


また、一過性でまったく無害な尿潜血もありますし、
激しい運動によって尿潜血反応が陽性になる場合があります。


生理中の女性は、大部分が尿潜血反応が陽性となりますから
生理が終わったあとに検査するようにしましょう。


試験紙法ではアスコルビン酸(ビタミンC)で反応が阻害されますので
陽性が陰性に判断される場合があります。
検査の前には、清涼飲料水やドリンク剤は飲まないようにしましょう。


再検査とでたら、腎臓や尿路系の精密検査を受ける必要があります。




受診するときのポイント!!


血尿は、様々な病気のサインとなる“赤信号”です。

下記の事柄についてメモ書きなどをしてきて、担当医師に伝えましょう。


●今回の検診検査の中で、尿潜血以外に異常がなかったかどうか。
  検診の結果報告書を持参していくとよいでしょう。

●過去の職場検診や住民検診などで尿検査に異常がなかったかどうか。

●尿が出にくくなったり、頻回になったりしていないか。

●熱は出ていないか。

●おなかや背中の痛みはあるか。尿を出す時の痛みはあるか。

●持病や、過去にかかった病気について。

●手術や放射線治療は受けたことがあるか。

● 喫煙、飲酒はしているか。

●現在なにか薬を服用しているか。


これらのリストを持参していくと、診断の参考になります。

血尿がでる疾患は多岐にわたりますので、自己判断は禁物です。


一旦、血尿が消えても、もとの病気は治っていない場合も多いので、
必ず専門医を受診されるよう、お勧めします。


でも、一通りの検査を行っても異常が見つからない場合があります。
むしろ見つからない場合のほうが多いと思います。


ただし、血尿があるからには何かしらの原因があるはずです。


ほとんどの場合は心配ないのですが、がんの初期の段階では
一回の検査で発見できない場合もあります。


このため定期的に尿の検査を行い、血尿がずっと続くのか、
尿にがん細胞が入っていないかをみていきましょう。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.