尿沈査とは?

尿沈査とは尿の沈殿物を顕微鏡で見る診断法の腎機能検査。尿沈査は、尿たん白や尿潜血などの尿検査が異常値を示す場合に行われます。尿沈査の基準値,白血球,結晶,上皮細胞,細菌,赤血球数について。

スポンサードリンク


尿沈査とは尿の沈殿物を顕微鏡で見る診断法です。


尿沈査は、尿たん白や尿潜血などの尿検査が異常値を示す場合
に行われる検査です。


コップに採ってもらった尿を清浄なスピッツに10mlほど入れ、
遠心分離機(遠心力で比重の重いほうが下に沈殿)にかけます。


上澄を捨て下に残った残渣物を顕微鏡で見て、
どのようなものが有るか、増えているかを調べます。


尿を遠心分離器にかけると、赤血球や白血球、上皮細胞、円柱細胞、
細菌、尿酸結晶などの固形成分が沈みます。


女性の場合は、外陰部からの細胞等が多く見られるので、
精密に調べるなら、導尿した尿がベストです。


定性検査陰性検体の内約20%で尿沈査が陽性であったというデータもあり、
重要な検査の一つにもあげられます


尿沈査の基準値


顕微鏡で見た、1視野に微量なら正常です。


赤血球なら1個以内、白血球なら3個以内。


少数の上皮細胞と少量の結晶は見えて正常ですが、
円柱細胞は見られません。


   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓クリックすると拡大されます。


★★★★

尿沈査で発見される病気


尿路結石、尿路腫瘍、尿路感染症、糸球体腎炎

尿沈査で異常ありと診断されたら?


尿路の病気の場合には赤血球や白血球、円柱細胞のほか、
多量の上皮細胞、結晶成分が認められます。


どの成分が増えているかによって疑われる病気が違います。


特に尿路結石の場合の赤血球、尿路感染症の場合の白血球、
腎炎の場合の円柱細胞などには注意が必要です。


尿沈査異常で疑われる病気


又、赤血球や白血球は一時的に多くなる可能性もあるので、
異常値の場合は再検査を必ず受けてください。

尿沈査を顕微鏡で見ると、こんな物が見える!!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  尿沈渣アトラス




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.