血色素量(Hb)とは?

血色素(Hb ヘモグロビン)は「ヘム」という色素と「グロビン」というタンパク質が合わさったもので、貧血の検査に使われます。血色素(Hb ヘモグロビン)の基準値について。

スポンサードリンク


血色素(Hb ヘモグロビン)は、赤血球に含まれているたんぱくの一種で、 血の赤さの元になっているものです。


「ヘモグロビン」とは、「ヘム」という色素と「グロビン」というタンパク質が合わさったものです。


赤くなったり青くなったりする部分は「ヘム」という色素の部分です。


血液が酸素を運ぶというのは、吸った酸素がヘムにくっ付き、
ヘムにくっ付いた酸素が全身に運ばれる、という事です。


また、血液中に二酸化炭素が多く含まれると、
ヘムにくっ付いていた酸素が離れやすくなってしまい、
酸素が離れてしまったヘムは、青い色になってしまうのです。


酸素を多く含む動脈血が鮮明な赤なのは、このためです。


ところが。。。血液の色は赤だけとは限りません。↓ ↓ ↓ ↓ ↓


Q.血液は、みんな赤いの?


血色素量(Hb)の基準値


血色素量(Hb)の基準値(正常値)は、


男性:13.0g/dlから18.0g/dl   女性:11.0g/dlから16.0g/dl


正確には、年齢・性別で基準値が異なります。


生後すぐの赤ちゃん高値ですが、6ヶ月くらいで低下。
その後再び増えてきて、15歳くらいで成人と同じくらいになります。


妊娠中の女性や、高齢者では、やや低値になります。


一般に血色素が低い状態を貧血と呼んでいます。



★★★★★
★★★★★
★★★★★



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.