ChE(コリンエステラーゼ)とは?

コリンエステラーゼ(ChE)は、体内のコリンエステルをコリンと酢酸に分解する酵素で、肝臓で作られます。

スポンサードリンク


コリンエステラーゼ((cholinesterase:ChE)は、

体内のコリンエステルをコリンと酢酸に分解する酵素です。


ChE(コリンエステラーゼ)の種類


ChE は大別して、2種類あります。


1.アセチルコリンエステラーゼ(AChE、真性コリンエステラーゼ)

神経組織、筋肉、赤血球などに存在します。

神経伝達物質アセチルコリン(ACh)を酢酸とコリンに分解します。


2.プチリルコリンエステラーゼ(BuChE、偽コリンエステラーゼ)

肝臓、血清、肺、腸などに存在します。

AChのほか様々なコリンエステル類を分解します。

健康診断の肝機能検査としての測定されるのはChEは、こちらの方です。


ChE(コリンエステラーゼ)の基準値


フェノールレッド法、プチリルチオコリン法、ベンゾイルコリン法など、

各検査方法によって、基準値が違います。


●年齢による変動

加齢により測定値が低下しますが、これは男性に多く見られます。


●性別による変動

女性は男性よりも低めです。

また、女性の場合には、生理中や妊娠時でも低下します。

●薬剤による変動

薬剤を使用、飲用している場合には低下することがあります。


●個人差

個人について、値は非常に安定していて、変動差が少ないのですが、
個人差は大きいです。

遺伝的な家族性コリンエステラーゼ欠乏症があります。


ChE(コリンエステラーゼ)が異常値を示す病気


<高値>

ネフローゼ症候群


ChEが肝臓では盛んに作られるのに排泄ができないため、
血液中のChEが急激に増加します。

その他

脂肪肝、糖尿病、甲状腺機能亢進症、気管支喘息、悪性貧血、
本態性家族性高コリンエステラーゼ血症など


<低値>

慢性肝炎、肝硬変、進行性の肝がんなど


ChEは肝臓で盛んに作られるので、肝臓に炎症がおきると、
肝臓組織が壊されて、ChE値が低下


その他

劇症肝炎、肝膿瘍、膵癌、白血病、血清コリンエステラーゼ異常症、
妊娠中毒症、消耗性疾患、栄養失調 など


また、有機リン剤の農薬やカーバメイト剤、サリンによる中毒では
急激な低下を示します。


ChE(コリンエステラーゼ)の異常値がでたらどうするか?


肝機能の検査は、他の検査と組み合わせて診断が行われますので、
ChEの再検査、他の肝機能検査を受けて下さい。

また、農薬中毒の場合には、直ちに解毒処置を受けなければなりません。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.