GOT(AST)、GPT(ALT):肝機能検査

肝機能検査の肝細胞の障害の程度を調べる代表的な検査としては、GOT(AST)、GPT(ALT)の2つがあります。

スポンサードリンク


肝機能検査のうちの肝細胞の障害の程度を見るもの代表的な検査としては、


GOT(グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミラーゼ)

GPT(グルタミン酸ピルビン酢酸トランスアミラーゼ)


の2つがありますが、変更されつつあります。


GOT ⇒ AST (アスパラギン酸・アミノトランスフェラーゼ)

GTP ⇒ ALT (アラニン・アミノトランスフェラーゼ)


これらは、からだの様々な臓器の細胞にある酵素で、
アミノ酸を作る働きをしています。


GOTとは?


GOTは心筋、肝臓、骨格筋、腎臓などに多く存在します。


細胞は絶えず作られていますが、一方で壊されています。
ですから、健康な人の血液中にもGOTは存在しています。


これらの細胞が壊れると、GOTが細胞の中から
血液の中に多くこぼれてくるので、血液検査で検出されます。


肝臓障害や心筋梗塞、溶血などで増加するため、
診断の重要な手がかりとなります。


GPTとは?


これも、からだの様々な臓器の細胞にある酵素で、
アミノ酸を作る働きをしています。


しかし、その量は、GOTの3分の1ほどしかなく、
血液中にはごくわずかしか存在しません。


GPTは特に肝臓の細胞の変性や壊死に反応します。


この数値が高いということは、肝臓がたくさん壊れるという状態で
GOTとともに、肝臓・胆のう系の病気の診断には欠かせない検査です。


GOTとGPTは病気の種類によって増える比率が一定の傾向にあるので、
病気の特定、診断に重要な目安となっています。

★★★★
★★★★★
★★★★★


スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.