γ(ガンマ)-GTP お酒の好きな人は注意が必要

お酒の飲みすぎで肝臓が悪くなると、γ-GTPという酵素の値が高くなります。

スポンサードリンク


年末年始、お酒(アルコール)をたくさん飲む機会が多くなります。

お酒は肝臓を直撃!!とんでもないことになるかも・・・・


お酒の飲みすぎで肝臓が悪くなると、
γ(ガンマ)-GTPという酵素の値が高くなります。


肝臓でのアルコールの分解


胃や小腸から吸収されたアルコールは、門脈を通って肝臓に運ばれ、
分解されます。


アルコールは肝臓内の酵素などによってアセトアルデヒド、酢酸、
そして最終的に二酸化炭素と水に分解されます。


飲酒によって肝臓の細胞がこわれると、
γ-GTPやGOT、GPTなどの逸脱酵素が血液に漏れ出てくるのです。


γ(ガンマ)-GTP(γグルタミルトランスペプチダーゼ)とは?


GOT、GPTと同じく、タンパクを分解する酵素の一つです。


肝臓や胆管の細胞がこわれると、血液中にγ-GTPが血液の中に
流れ出てくることから、「逸脱酵素」といわれます。


腎臓に最も多く含まれ、次いで、すい臓、肝臓、脾臓、小腸にも見られます。


γ-GTPは特に、肝臓の解毒作用に関係している酵素で、
アルコールに特に敏感に反応します。


γ-GTPが血液中に多くなっても、それ自体が何か悪い影響を
およぼすことはありませんが、


肝臓や胆管の細胞がこわれたことの指標として利用されています。


γ-GTPが高くなる疾患には、肝臓の細胞が破壊される肝炎、
肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝などがあり、胆石や胆道がんなどで
胆道がつまった場合にも高くなります。


健康診断のときに最も重要なのは、脂肪肝です。


とくにアルコールを飲む中年男性の場合、
飲みすぎによるアルコール性脂肪肝が問題になります。


そのいちばんの指標として、このγ-GTPが重要になってきます。


医師が「お酒を飲むと上がる数値が高いですよ」という場合は、
ほとんどがこのγ-GTPをさしています。


肝臓力を高める黄金の深海鮫―たかが脂肪肝、されど脂肪肝
肝臓力を高める黄金の深海鮫―たかが脂肪肝、されど脂肪肝
ビックサクセス
price : ¥1,300
release : Now On Sale

徹底図解 肝臓病―C型肝炎から肝がん・脂肪肝までの「最新治癒」
徹底図解 肝臓病―C型肝炎から肝がん・脂肪肝までの「最新治癒」
法研
price : ¥1,260
release : Now On Sale



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.