LDH(乳酸脱水素酵素) とは?

LDH(乳酸脱水素酵素)は細胞内でブドウ糖からエネルギーを産生するために糖を分解する酵素で、臓器や組織に障害がおこったり壊死したりすると、血液中にLDHが増加します。

スポンサードリンク


LDH(乳酸脱水素酵素)とは


細胞内でブドウ糖からエネルギーを産生するために糖を分解する酵素です。


心筋、腎臓、骨格筋、肝臓、赤血球などのあらゆる臓器や組織に含まれており、
これらの臓器や組織に障害がおこったり壊死したりすると、血液中にLDHが増加します。


LDHの測定は、組織の損傷を把握するためのスクリーニングテスト
(心臓、肝臓疾患や白血病などの悪性疾患の診断に利用)として重要です。


しかし、LDHはあらゆる臓器に含まれることから、LDHが血中に増加しているという事で
どこかの組織が損傷を受けているということはわかりますが、
どこの組織かまではわかりません。


LDHアイソザイムの分析


障害部位を推定するのには、LDHアイソザイムの分析をおこないます。


LDHには5種類(LDH1〜LDH5)のアイソザイムがあり
電気泳動法で調べられます。


臓器によって含まれるLDHの割合が違いますので、
アイソザイムを調べることである程度まで損傷部位の予測ができます。


LDHアイソザイム


LDH1、2は心筋、赤血球、腎皮質などに多く含まれ、

LDH2、3、4は白血球、

LDH5は肝臓、骨格筋に多く含まれています


例えば、LDH5型が増加していれば、
肝臓か骨格筋が損傷を受けている可能性が高いという事になります。


LDHの基準値


200〜400  IU/l

検査施設、検査方法によって若干の差があります。


年齢による変化は、出産直後が最も高く成人の約2倍、
14〜15才で成人とほぼ等しくなります。


女性では妊娠後期に急速に上昇し、
出産前は正常値の2倍近くになります。


運動では、筋肉からLDHが遊出するため、
日常的な運動でも上昇し、ジョギング、水泳、などではさらに上昇し、
時にはそれが1週間近く続くことがあります。


LDHは血清中に比べて、血球中には約200倍の活性があるので、
溶血が起こると、LDHは、極端に上昇します。


LDHが高値を示す疾患


肝臓病 :急性肝炎、慢性活動性肝炎、肝癌(特にLDH4,5が上昇)

心臓病 :急性心筋梗塞、心筋炎(特にLDH1,2が上昇)

血液疾患:悪性貧血、溶血性貧血(LDH1,2優位),白血病(LDH2,3優位)

筋疾患 :筋ジストロフィー、皮膚筋炎(特にLDH2,3が上昇)

その他 :胃ガン、膵癌、大腸癌、肺ガンなど(LDH2〜5優位)


LDHが低値を示す疾患


LDH値が減少する病気は特にありません。
70や60ぐらいまででしたらまず問題ないでしょう。


異常に低値を示す場合は
 
LDH−Hサブユニット欠損(500〜600人に1人)

糖尿病

抗腫瘍剤、免疫抗生剤の使用

阻害因子の存在

などが考えられます。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.