ビリルビン値で黄疸がわかる?!

ビリルビンの検査は黄疸の程度を測るためのものです。

スポンサードリンク


ビリルビン(Bil T-Bil, billirubin)

ビリルビンの検査は、肝機能検査のひとつで、黄疸の程度を測るためのものです。


ビリルビンには、2種類ある


赤血球のヘモグロビンから作られる色素のことをいいます。

血色素量(Hb)とは

赤血球には寿命があり、約120日で脾臓やリンパ節などでこわれます。
その時、ヘモグロビンは、ヘモとグロビンに分解されます。


ヘモは酵素の働きで、ビリルビンに変えられ、
グロビンはタンパク質に作りかえられます。


このビリルビンは、間接ビリルビンで、
アルブミンと結合して血液中から肝臓へ運ばれます。


肝臓では酵素の働きによってグルクロン酸と抱合され、
直接ビリルビンに変化します。


直接ビリルビンは肝臓から胆汁の成分となって胆道に排泄され、
十二指腸に入り便の中へ捨てられます。


胆汁が緑色や黄色、便が黄色いのもこのためです。


間接ビリルビンと直接ビリルビンを合わせて、総ビリルビンといいます


ビリルビンの基準値


総ビリルビン  0.2〜1.2 mg/dl

直接ビリルビン 0.4 mg/dl以下

間接ビリルビン 0.8 mg/dl以下


ビリルビンは年齢、性別、食事などによる影響はほとんどありません。


総ビリルビンが、2.0 mg/dl以上になると、眼球の白い部分が黄色くなり
尿中にビリルビンが排泄されて、尿が黄褐色になります。

その状態が長く続くと、皮膚の黄疸も出てきます。


ビリルビン値が異常になる場合


肝障害や赤血球がこわれる溶血がおきるなど、ビリルビンが胆汁の成分になる
流れのどこかに異常があれば、血中にビリルビンがあふれ出します


ビリルビンが増えると、身体が黄色くなって黄疸症状がでます。


黄疸とは血中のビリルビンの増加によって、皮膚の黄染、眼球の結膜の黄染など
全身の組織が黄色になる状態のことをいいます。


ビリルビンの値が上昇しているにも関わらず、黄疸が認められない場合は
潜在性黄疸といいます。


間接ビリルビン、直接ビリルビンの両方を調べ、肝・胆道疾患の診断や、
黄疸の種類や原因を考える手がかりに用います。


★★★★★
★★★★
★★★★★



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.