もう一つの血清蛋白検査(TTT、ZTT)とは?

血清蛋白検査の血清膠質(コロイド)反応(TTT、ZTT)は血清に試薬を加えてたんぱく質を凝固させて、その混濁の程度から肝臓の状態を測るものです 

スポンサードリンク


血清中のたんぱく質を混濁させて肝臓の機能をチェック


血清蛋白検査には、もう一つの方法があります。


それは、血清膠質(コロイド)反応です。


膠質反応とは、血清に試薬を加えてたんぱく質を凝固させ、
その混濁の程度から肝臓の状態を測るものです。


血清中の蛋白に異常が起こったときには、血清に試薬を加えると
血清中の蛋白が凝固して、濁ったり沈んだりする量が増えます。


代表的な検査法として
チモール混濁試験(TTT)と硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)があります。


肝硬変になるとTTT、ZTTともに著しく高値になります。


それに比べて、急性肝炎ではTTTは高値を示しますが、
ZTTはそれほど変化しません。


肝臓の機能が改善されるに伴い、TTTやZTTは正常値に近づいていきます。


そのため、血清膠質反応は治癒経過の観察にもしばしば利用されます。


肝臓病以外では、高脂血症の場合も急性肝炎と同じような変化、
すなわち、TTTは上昇、ZTTはあまり変化はないという結果が出ることがあります。


TTT(チモール混濁反応)


γ-グロブリン(IgM濃度)とよく相関しているので、肝疾患あるいは多発性骨髄腫のような
γ-グロブリン(特にIgM)が増加する疾患を推定することができまする。


●基準値

0〜5クンケル単位


[高値を示す主な病態・疾患]


急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、慢性感染症、原発性胆汁性肝硬変、
多発性骨髄腫、膠原病、高脂血症など


ZTT(硫酸亜鉛混濁試験)


免疫グロブリン(IgG)と相関し、慢性肝疾患の経過観察および再燃の程度や
急性肝疾患の経過観察に有用です。


●基準値

2.0〜12.0クンケル単位


[高値を示す主な病態・疾患]

・慢性肝炎、肝硬変(著しく高くなる)
・膠原病、サルコイドーシス、肺結核


[低値を示す主な病態・疾患]

・悪性高血圧症、転移性がん、糖尿病




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.