血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c)の違い

ヘモグロビンA1c(HbA1c)は糖尿病に欠かせない血液検査。ヘモグロビンA1c(HbA1c)と血糖値との違いを説明。

スポンサードリンク


糖尿病の検査で、よく行われているのが、血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c)

血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c) の違いについて。

血糖値は、食事による影響が大です。

食後は糖尿病でなくても血糖値が上がるので、
血液の採取時間や食事の量、内容が問題になります。

そこで、注目を浴びてきたのが、ヘモグロビンA1c(HbA1c) なのです。


ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは

ヘモグロビンA1c(HbA1c)は血糖と違い、食事の影響を受けないためいつでも検査ができます。

どうして、食事の影響を受けないかというと、血液中の糖分を測定するのではなく、赤血球の中に含まれるヘモグロビン(血色素)にブドウ糖が結合したものを測定しているのです。

高血糖状態が長期間続くと、血管内の余分なブドウ糖は体内の蛋白と結合します。

この時、赤血球の蛋白であるヘモグロビン(Hb)とブドウ糖が結合したものが
グリコヘモグロビンです。

このグリコヘモグロビンには何種類かあり、糖尿病と密接な関係を有するものが、
ヘモグロビンA1c(HbA1c)なのです。

詳しくは、
ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは?

赤血球の寿命はおよそ120日(4ヶ月)といわれています。


赤血球はこの間ずっと体内を巡って、血管内のブドウ糖と少しずつ結びつきます。
高血糖すなわち余っている糖が多ければ多いほど結びつきが増え
ヘモグロビンA1c(HbA1c)も多くなるわけですね。


血液中のヘモグロビンA1c(HbA1c)値は、赤血球の寿命の半分くらいにあたる時期の
血糖値の平均を反映します。


すなわち外来で血液検査をすると、
その日から1〜2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになります。

ヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値


4.3〜5.8%で、


6.5%以上であればほぼ糖尿病と判断して良いことになっています。


糖尿病のかたは、常日頃から摂生していないと検査の前だけ食事を控えても
この検査をすれば日頃の不摂生がバレバレなのです!!


だって、過去1〜2ヶ月間の平均血糖値がわかるわけですから・・・ね!!




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.