クレアチニンと腎機能の関係?!

クレアチニンは血液中のアミノ酸がエネルギーとして使われた後のタンパク質の老廃物。腎糸球体でろ過され、尿細管ではほとんど再吸収されずに尿中に絶えず排泄されているので腎機能の検査として使われています。

スポンサードリンク


クレアチニン(creatinine Cr SCr)検査とは?


クレアチニンは、尿素窒素や尿酸と同じく、血液中のアミノ酸がエネルギーとして使われた後のタンパク質の老廃物です。


腎糸球体でろ過され、尿細管ではほとんど再吸収されずに、尿中に絶えず排泄されています。そこで、腎機能の重要な指標の検査として使われています。


クレアチニンは、筋肉中のクレアチンの代謝により生成されるため、尿素窒素と違い,食事による影響が少ないことも特徴的です。


クレアチニンのつくられる量は,筋肉量に比例するので、筋肉量がおちると,クレアチニン量は減ります。そこで、腎疾患以外でも、筋疾患かどうかの指標にもなります。


クレアチニンの基準値


男性=0.8〜1.2mg/dL
女性=0.6〜0.9mg/dL

●性別による変動


クレアチニンは筋肉の量と比例するので、男性の方が高めです。妊娠中は低くなります。


●年齢による変動

5歳以下では低値ですが、それ以降は成人とほぼ同じ値です。

高齢者では筋肉量が減るので、低くなります。



クレアチニンの異常値がでたら


クレアチニンが異常値になる場合は、腎予備力が低下したときです。


急性,慢性腎不全状態になりますと,その値は上昇します。
大体糸球体濾過率(GFR)が50%以下になれば値は上昇してきます。


ただし、老人や筋ジストロフィー、病気で長期間寝ている人など、筋肉量が減っている場合は、クレアチニンが基準値でも、腎機能が低下している場合があります。


診断には、腎糸球体機能の変化をさらに詳しく測定するクレアチニン・クリアランスの検査を行います。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.