クレアチニン異常値で考えられる病気は?!

クレアチニンは、筋肉にあるクレアチンという物質から産生されるもので尿とともに排泄されます。クレアチニンの基準値、低値、高値で考えられる病気について。

スポンサードリンク


クレアチニン異常値で考えられる病気について紹介します。

クレアチニン(creatinine Cr SCr)の基準値

基準値は

男性=0.8〜1.2mg/dL
女性=0.6〜0.9mg/dL


クレアチニンの低値




0.6mg/dl以下(男性)
0.4mg/dl以下(女性)

低値は妊娠、糖尿病の初期、長期臥床(がしょう)で多くみられる数値です。

尿崩症、筋ジストロフィー、多発性筋炎、筋萎縮性側索硬化症の可能性もあります。



クレアチニンのやや高値

1.2〜2.0mg/dl(男性)
0.9〜2.0mg/dl(女性)

脱水、心不全、ショック、糸球体腎炎、間質性腎炎、尿管結石、前立腺肥大症、先端巨大症でみられる数値です。


クレアチニンの中等度から高度の上昇

2mg/dl以上

腎不全で多くみられる数値です。腎機能が著しく低下すると、尿細管のクレアチニン分泌が進み、クレアチニン値が上昇します。

【尿毒症】

汗、唾液、腸菅でのクレアチニンの代謝が高まり、
15〜66%のクレアチニンが腎臓の外に排出された状態になります。

【慢性腎炎】

末期には、クレアチニン値が10mg/ml以上になり、回復はむつかしく
人工透析療法が必要になる場合もあります。


【尿管閉塞・腎盂腎炎】

治療によって利尿が進むと、クレアチニン値はすぐに回復します。


クレアチニンは、筋肉にあるクレアチンという物質から産生されるもので、
尿とともに排泄されます。


基準値を上回る場合は、早急に受診する必要があります。

診断には、腎糸球体機能の変化をさらに詳しく測定する
クレアチニン・クリアランスの検査を行います。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.