糖尿病に必要な検査とは?

糖尿病の診断や経過監察に必要な検査としては、尿糖、血糖、ブドウ糖負荷試験(GTT)、HbA1c、Cペプチド、尿ケトン体、コレステロール、中性脂肪

スポンサードリンク


昨日、腎臓病と糖尿病の関係の話が出たところで、
血液生化学検査の続きに戻って、今度は、糖尿病の検査についてお話ししていきましょう。


糖尿病については、こちらをどうぞ!

    糖尿病 は どんな病気?


糖尿病に必要な検査


糖尿病の診断や経過監察に必要な検査としては、


●尿糖・・血糖の値が高くなると、尿中に認められます。

●血糖・・血液中のブドウ糖の濃度で、食事やライフスタイルで変動

●ブドウ糖負荷試験(GTT)・・糖尿病の診断決定に必要

●HbA1c・・Hb(ヘモグロビン)とブドウ糖が結合したもので、
       糖尿病のコントロールの指標

●Cペプチド・・膵臓で産生されるインスリンの量を反映

●尿ケトン体・・ブドウ糖をエネルギーとして使えないとき、尿中に出る

●血中コレステロール・・値が高くなると、インスリンに対する抵抗性を助長。

●中性脂肪・・値が高くなると、インスリンに対する抵抗性を助長

などがあげられます。




スポンサードリンク

私が、あれこれ話すより、循環器専門医 Dr.I先生の無料レポートをどうぞ!!


   ◇日本一わかりやすい!「糖尿病」

「糖尿病」って、言葉はよく聞きますが、一体、どういう状態のことを言うか、知ってますか?

太ってるだけじゃ、肥満ですしね。血糖値が高いとかいわれますけど、どのくらい?

このレポートを読めば、そんな疑問が解消されますよ!もしかして、アナタも糖尿病の疑いあり…かも?


循環器Dr. I先生がわかりやーすく、糖尿病について教えてくれます。

最後に、「糖尿病チェックリスト」も付いてますから。糖尿病が気になる、あなた!要チェックですよー。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.