糖尿病で失明?!

糖尿病で最も問題となるのは、高血糖状態から起こる合併症。特に、毛細血管と細小血管に障害が起こりやすく、網膜の毛細血管に高血糖による傷害がおこり失明することもあります。

スポンサードリンク


糖尿病で最も問題となるのは、高血糖状態から起こる合併症です。


発症して3〜5年たつと、毛細血管の壁が厚くなり、もろくなります。


特に、毛細血管と細小血管に障害が起こりやすく、
これらを「細小血管障害」と呼んでいます。


細小血管障害には、身体の各場所で呼び方があります。


●腎臓の毛細血管に起これば、腎症、

 糖尿病から人工透析?!

●目の網膜の毛細血管に起これば、網膜症、


●身体の末端、四肢や全身の毛細血管に起こると、神経症となるのです。


これらは、どれか1つ起こると言うわけではありません。
症状は出ていなくても、同時に起こっているのです。


糖尿病網膜症とは?


網膜(黒目から入った光が像を結ぶところ)の毛細血管に、
高血糖による傷害が起こって出血や虚血(十分な血液が流入していない状態)となります。


初期のうちは自覚症状がありません。


ある程度進展すると、目のかすみ、視力障害、眼底出血による
突然の視力低下などが起こり、放置すれば失明することもあります。


眼球の形を保っている硝子体の内部に出血する場合や
網膜剥離を起こします。


初期の段階では血糖を正常にコントロールすることで改善されますので、
検診で糖尿病と診断された場合、内科はもちろん定期的に眼科を受診してください。


失明を防ぐために光凝固法、レーザー凝固法、冷凍凝固法などで
網膜症の進展を遅らせることができます。


硝子体出血と網膜剥離が生じた場合には、硝子体手術を行うことがあります。


血圧が高い場合は、血糖コントロールと共に厳格な降圧療法も必要となります。


糖尿病網膜症のために、失明しないまでも、社会生活全体に支障をきたし、
視覚障害の認定を受け、社会福祉の対象者になている人は、


視覚障害者の約5分の1、年間 3,000人にも及びます。


厚生労働省の統計では、糖尿病発病から25年を経過するころには、
実に80パーセントを超える人たちが網膜症を合併しています。


網膜症の進行具合は人によって違いますが、
比較的若い40〜50歳以下の糖尿病の人は進行が早いので、
十分に注意をしてください。


私の父の場合も糖尿病からの合併症に苦しみました。


高血圧、糖尿病で治療が必要と医師に言われ続けたにもかかわらず、
「まだまだ自分は元気!」と、毎週末にはゴルフ三昧の60歳代でした。


しかし、70歳代になるころ、目がちょっとかすむ?!ように感じてきました。
それは、メガネを取り替えても解消されませんでした。


そこで、眼科を受診した父は、眼底出血の宣告をされたのです。


失明を防ぐために光凝固法、レーザー凝固法を行いましたが、時はすでに遅く、
左目は緑内障から網膜剥離が生じ、失明しました。


残った右眼も視力がどっと落ち、かろうじて、生活ができる!程度でした。


ある朝。父が、「真っ暗でなにも見えない!」と言い出しました。


あわてて、タクシーを呼び、病院へ!!
幸いなことに、その途中で、光がさしたように、目が見えるようになりました。


「よかった!!」


医師の診断では、血栓が目の毛細血管に一時的につまったが、
それがはずれたので視力が回復したのだろうということでした。


それと・・・・父のその後を予測するような、ドキッとするような一言も!!


「血栓が、脳や心臓の毛細血管で起こったら、
脳梗塞、心筋梗塞となり、命の危険性がありますよ!!」 と・・・・




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.