コレステロールとは

コレステロールはあまり良くないイメージがありますが、血液中だけでなく、脳や内臓、筋肉、脂肪細胞など全身に広く分布していて、細胞膜を維持するという役割を持っています。

スポンサードリンク


コレステロールと聞くと、あまり良くないイメージを持たれるかもしれません。
しかし実際のところ、人間が生きていく上で不可欠な存在なのです。
 
 
コレステロールとは脂質の一種で、中性脂肪やリン脂質の仲間です。
 
 
血液中だけでなく、脳や内臓、筋肉、脂肪細胞など全身に広く分布していて、 
細胞膜を維持するという役割を持っています。
 
 
人間の身体は約60兆もの細胞の集合であることを考えれば、
その重要さを再認識できるのではないでしょうか。
 
 
コレステロールには他にも、筋肉や性機能を高めるホルモンや、
食物の消化・吸収を助ける胆汁の材料にもなっています。
 
 
このように、人体に不可欠といわれるコレステロールがなぜ?
身体に悪いとされているのでしょうか?
 
 
 答えは、↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 コレステロールは体に悪いの?
 
 
血液中のコレステロール値が高くなる原因がおわかりいただけたでしょうか?
 
 
 
コレステロールを多く含む食品を食べたからといって、
そう簡単にコレステロール値が上昇するわけではありません。
 
 
身体の方がいつも一定の値になるようにコントロールしているからです。
 
 
でも、毎日食べている食事がコレステロールの多いものだったとしたら?
コントロールする●●が●●してしまい、過剰に蓄積されていくのですね。
 
 
 高コレステロール血症が生活習慣病といわれる所以はここ!!
 
 
しかし、コレステロールが体内にたまっても、初期症状や自覚症状がすぐに
現れるわけではありません。
そのため「気がついたときには手遅れ」・・・ということも少なくないのです。
 
 
でも、コレステロールは少なければ少ないほどいいというわけではありません。
 
 
 大切なのは、多すぎず少なすぎず・・・。
 バランスのいい食事や適度な運動で適正に保ちましょう。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.