コレステロールと動脈硬化の密な関係?!

動脈硬化は、中高年になってから起こるものだと考えている人が多いのですが、実は、ゼロ歳の時点ですでに主な動脈に「硬化」の初期病変がみられます。コレステロールはこの動脈硬化を引き起こす最大の因子です。

スポンサードリンク



動脈硬化は、中高年になってから起こるものだと考えている人が多いのですが、
実は、ゼロ歳の時点ですでに主な動脈に「硬化」の初期病変がみられます。


10歳前後から急に進みはじめ、30歳ごろになると、
まさに“完成”された「動脈硬化」がみられるようになります。


動脈硬化は血管の加齢現象そのものと言い換えることもできますね。

しかも、この病気の怖さはある一定以上に進行した後でないと、
症状がでないことです。


ある日突然、狭心症などの病気が発症して、
そこで初めて動脈硬化が進んでいることがわかるのです。


コレステロールはこの動脈硬化を引き起こす最大の因子です。


動脈硬化とは?


動脈は心臓から内臓や手足に血液を送るため、圧力(血圧)に耐えられるよう
しっかりとしていて、しなやかな弾力性のあるゴムホースのようなものです。


しかし、血管壁内にコレステロールと細胞壊死物質が蓄積すると、
やがて硬く弾力性を失っていきます。これが動脈硬化です。


動脈硬化が進んでくると、血管の内腔が細くなり血液の流れが悪くなったり、
血栓ができて閉塞し、完全に血流が途絶してしまうことがあります。


心臓の血管に起これば、心筋梗塞、脳の血管に起これば脳梗塞です。
足の血管に起これば、間欠性跛行(かんけつせいはこう)といって、
長く歩くと足がだるくなり、休まないと足をひきずって歩くようになります。


このように動脈硬化は、さまざまな臓器障害を起こしてきます。



スポンサードリンク


コレステロールの他、まだある動脈硬化の危険因子とは?


動脈硬化を起こしたり、進めたりする条件を「危険因子」と呼んでいます。


その中には男性、高齢のように、自分ではどうにもならないものから、
高脂血症、高血圧、喫煙、肥満、糖尿病、ストレスなどのように、


自分の努力次第でコントロールできるものもあります。


1.高脂血症

高脂血症は、冠動脈や頚動脈などに動脈硬化を進行させやすく非常に重要です。

総コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)は高値の場合。
HDLコレステロールは低値の場合に動脈硬化を促進。


2.高血圧

血圧が高いほど脳梗塞や心臓病などにかかるリスクは高くなります。
収縮期血圧も、拡張期血圧も、同じように動脈硬化に影響があります。


3.喫煙

喫煙は、がん、肺や消化器などの病気だけでなく、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、
閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患の発症を促す強力因子です。

喫煙はHDLコレステロール値を下げ、動脈硬化を進行させる一因です。

喫煙で血が固まりやすく、血管も収縮しやすい状態になり、
血栓症を起こす危険も高まります。動脈硬化の予防・治療に禁煙は不可欠です。


4.糖尿病

糖尿病では、高血圧、高コレステロール血症、高トリグリセライド血症、
低HDLコレステロール血症などがしばしば合併しており、
より動脈硬化が進みやすい状態にあることも少なくありません。


全身の血管におこる動脈硬化の進行を抑えて、いろいろな病気を予防、治療するには、
生活習慣を改良しひとつでも危険因子を減らす努力をすることが重要です。


コレステロール・中性脂肪をぐんぐん減らす大百科
コレステロール・中性脂肪をぐんぐん減らす大百科
主婦の友社
price : ¥1,365
release : Now On Sale

対策法からレシピまで

メタボリック関連の各分野へ掘り下げた専門書に入るための導入編でしょうか。
正直、「雑誌の特集記事の寄せ集めかな」という感じも否めませんが、
サクっと簡潔にまとめてあるので、
一冊手元においておいても損はないのではないかと思います。
簡単に出来る運動から、おやつや食事のレシピまで、
広く浅く目を通したい方に。

完全版 コレステロール・中性脂肪を下げるおいしいバランス献立
完全版 コレステロール・中性脂肪を下げるおいしいバランス献立
主婦の友社
price : ¥1,365
release : Now On Sale

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.