悪玉コレステロールには大切な役目

血液中に、LDLコレステロールが増えると、体の隅々に運ばれるコレステロールが増えて動脈硬化を促進するため、LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

スポンサードリンク


    
 肝臓から体の隅々にコレステロールを運ぶ大切な役目があります
 
 
 血液中のコレステロールは、たんぱく質と複合体を形成して
 「リポタンパク」として存在しています。
 
 
 「リポタンパク」は、比重の重さによって4種類に分けられます。
  大きさは、下に行くほど、大きくなります。
 
 1.high density lipoprotein(HDL、高比重リポタンパク)
    コレステロールとタンパク質が半々くらい 
 
 2.low density lipoprotein(LDL、低比重リポタンパク)
    コレステロール含量が最も多い 
 
 3.very low density lipoprotein(VLDL、超低比重リポタンパク)、
    中性脂肪が50〜65%、コレステロール、リン脂質を含んでいる
 
 4.cylomicron(カイロミクロン、乳び脂球)
    中性脂肪が85〜95%  エネルギー源、皮下脂肪になる
 
 
 これらのリポタンパクのうち、
 コレステロールを主に運んでいるのが1のHDLと2のLDLです。
 
 
 HDLに運ばれているコレステロールを「HDLコレステロール」、
 LDLに運ばれているコレステロールを「LDLコレステロール」と呼んでいます。
 
 
 
 2のLDLは、血管の中を流れている血液の中にある、
 もっともありふれたタイプのコレステロールですので、「悪」ではありません。
 
 
 
 ただ、2つのリポタンパクはまったく逆の働きをしています。
 
 
 LDLが肝臓のコレステロールを体の隅々に運んでいるのに対して、
 HDLは体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを抜き取って
 肝臓に運ぶ働きをしているのです。
 
 
 そこで、血液中に、LDLコレステロールが増えると、
 体の隅々に運ばれるコレステロールが増えて動脈硬化を促進するため、
 LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
 
 
 逆にHDLコレステロールは、体の隅々の余分なコレステロールを肝臓に運び、
 動脈硬化の防止につながるため「善玉コレステロール」と呼ばれています。
 
 
 2つのコレステロールのバランスをコントロールすることが大切なのです。
 
 
 

スポンサードリンク

基準値


 
 HDL 男性 40〜99mg/dl 女性 50〜109mg/dl
 
 LDL 140mg/dl 以下 (160mg/dl以上は治療が必要)
 
 
 ただし、これは、健康なかたを基準としたものです。
 治療を受けられている方は、必ず、医師の指示に従いましょう!!
 個人的な判断は、病気を悪化させることに繋がります!
 
 
 特に、肝臓が悪い方は、コレステロールの生成能力が低下しているために
 血液中のコレステロール値が基準値内になることがよくあります。
 他の肝機能検査のデータと合わせて、判定する必要があります。
 
    
 一般的に、HDLコレステロール値を下げる原因は、
 喫煙、肥満、運動不足、糖尿病などがあげられます。
 
 
 禁煙、減量、運動などの生活習慣の改善を心がけましょう。
 糖尿病の方は、血糖値のコントロールをすることが大切です。


 

コレステロール・中性脂肪を下げる100のコツ
コレステロール・中性脂肪を下げる100のコツ
主婦の友社
price : ¥987
release : Now On Sale

コレステロールを下げる知恵とコツ
コレステロールを下げる知恵とコツ
主婦の友社
price : ¥1,260
release : Now On Sale

ちょっと読むにはいいかも。

よく使われる食材の効能などが説明されてて、写真などもカラーで読みやすかった。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.