中性脂肪が増えると、なぜLDLコレステロールが増える?

中性脂肪が増えるとLDLコレステロールが増えるのは、血液中のリポ蛋白のバランスが崩れ、脂質代謝がうまくいかなくなるためです。リポ蛋白の蘇生、働きについて開設します。

スポンサードリンク


水と油はそのままの状態では混じり合いませんよね。
比重の軽い油は上に浮いてしまいます。


では、血液中ではどうなっているのでしょうか?


血液の中には脂質として、コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)、
リン脂質、脂肪酸などがあります。


血液中では脂質を安定した状態にするために、アポ蛋白と結合して、
リポ蛋白となり、各組織や末梢神経へと運ばれています。


リポ蛋白は、中性脂肪、コレステロールを多く含む球状粒子で、
5種類に分かれます。


1.カイロミクロン(キロミクロン)、

中性脂肪が約80〜90%、残りはコレステロールやリン脂質

2.超低比重(VLDL)、

中性脂肪が約55%、コレステロールやリン脂質がそれぞれ約20%

3.中間比重リポ蛋白(IDL)、

中性脂肪が約40%、コレステロールが約35%

4.低比重(LDL)、

コレステロールが約45%、中性脂肪やリン脂質がそれぞれ約20%

5.高比重(HDL)、

リン脂質が約50%と多く、コレステロールが約30%、中性脂肪が約3%


これらは、WHOによってその基準が定められています。


血液中では、中性脂肪とコレステロールは、単独であるのではなく、
混ざり合っているのです。


中性脂肪が分解されるに従って、1⇒5へとその組成が変化していき、
脂質代謝が正常に行われるのです。




スポンサードリンク

でも、ここで、中性脂肪が多くなりすぎるとどうなるでしょうか?


このサイクルが上手く機能しなくなり、ついには
血液中にLDLコレステロールが多くなってしまう結果になるのです。


それが、


コレステロールの沈着・蓄積による血管内腔の狭まりや動脈硬化
 
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
「虚血性心疾患(狭心症や心筋こうそく)」「脳梗塞」などなど・・・


何気なく食べている食事ですが、
体内では懸命に分解しようと頑張っているのです。


あなたの食生活。身体に負担をかけていませんか?


いったん、中性脂肪値が跳ね上がると、
今度はなかなか分解できなくなってしまうのです。

 
 
 「肥満じゃないから、大丈夫!!」と思っているあなた!!

 
見た目だけでは判断できませんよ!! 


脂肪は、皮下だけでなく、内臓にも着くことをお忘れなく!
内臓脂肪のほうが、生活習慣病に発展する可能性が高いのです。
 
 
あなたの「中性脂肪」を 測定してみましょう!!


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.