中性脂肪とコレステロールの違いは?!

コレステロールは大部分が肝臓で作られ、細胞膜や副腎皮質ホルモンの材料、胆汁酸の材料になるもの。中性脂肪は食物として取る脂肪の大部分。エネルギー源として使われ、余分なものは肝臓や脂肪組織に蓄えられます。

スポンサードリンク


高脂血症として言われているのは、高コレステロール値だけではありません。

高中性脂肪値もあります。


この2つの違いについてお話ししますね。
 
   
コレステロールは、大部分が肝臓で作られ、細胞膜や副腎皮質ホルモンの材料、
胆汁酸の材料になるものです。
 
 
一方、食物として取る脂肪の大部分が「中性脂肪」です。
エネルギー源として使われ、余分なものは肝臓や脂肪組織に蓄えられます。
 
 
中性脂肪と呼ばれるものの90%以上はトリグリセライド(TG)で、
脂肪組織を総称する「体脂肪」のもとです。


3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついてできています。

誰もが気になる体についたぶよぶよ贅肉!!この大部分が「中性脂肪」です。
 

「中性脂肪」が作られるには、2つのルート

     1.脂肪分から作られるルート。       食べ物の脂肪分がリパーゼによって小腸で消化(分解)・吸収され、     再合成されて、中性脂肪として体の中に送られる    2.炭水化物から作られるルート。       食べ物の炭水化物(糖質)がエネルギーとして消費され、     残ったものが肝臓で中性脂肪に変換されて体の中に送られる     生き延びていくために不可欠な「中性脂肪」の役割      コレステロールと同じように、 何かと目の仇にされる「中性脂肪」ですが、  人間が生きていくのになくてはならない役目を果たしているのです。      1.エネルギー貯蔵庫としての役割。       体を動かすエネルギー源として、通常血液中に含まれる糖分が使われる     この糖分が枯渇したときは、中性脂肪がそのかわりとなります。    2.断熱材としての役目。       寒い冬なども外気から体を守り、体温を一定に保つには不可欠の存在!     体内の中性脂肪の量が極端に減れば、体温の調節などに障害が出る。

 3.クッション材としての役目   
 
    衝撃を受けたときに、骨や内臓など、体のさまざまな組織を守る働き。
    皮膚だけでは十分ではありません。


ですから、中性脂肪は身体にとってなくてはならないものなのです。

 中性脂肪(TG・トリグリセリド)とは 


しかし、「中性脂肪」が体内に多くたまってくると・・・これは、問題です。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.