中性脂肪が増えすぎるとどうなるの? 

エネルギー源として使われる以外の中性脂肪は、体内に、皮下脂肪、内臓脂肪として蓄えられます。

スポンサードリンク


増えすぎた中性脂肪は、皮下脂肪、内臓脂肪として蓄えられ、体に有害な状態になります。


肥満


皮下脂肪に蓄えられれば、ブクブク太ってきます。見た目にも肥満ですね。


皮下脂肪だけでなく、内臓にも蓄えられます。


脂肪肝


特に肝臓は、もともと中性脂肪を蓄えて置くところですので、
中性脂肪が増えると、どんどん貯まっていきます。


健康な肝臓でも3〜5%の含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。


脂肪肝になると、フォアグラのような状態になっています。
レバーの赤黒い色から、白っぽい色に変わります。


脂肪肝になっている組織は顕微鏡で見ると、肝細胞内に球状の脂肪滴が
異常に増えているのがみえます。


脂肪肝になると、脂肪で細胞がふくらんで肝内の血管が圧迫され、
肝臓内部の血液の循環が悪くなり、肝機能が低下していきます。


脂肪肝は、アルコールの飲み過ぎによるだけではないのですね。


急性膵炎


膵炎は膵臓が作った消化酵素で膵臓自身を消化してしまうためにおこります。


脂肪を消化するためには、膵臓から膵液として消化酵素が出され、
十二指腸で胆汁と混ざり合ってその働きをしています。


しかし、大量にアルコールや高脂肪食を食べ続けた場合、
膵臓に負担がかかり、機能が低下して、膵液を出しにくい状態になります。


すると、胆汁が膵臓内に逆流してきて、膵臓内で消化分解が起こり
膵臓自身も消化してしまうことになるのです。


膵臓は消化酵素だけでなく、血糖値をコントロールするインシュリンを分泌しています。


膵臓の機能低下や膵炎は、糖尿病の発生や悪化にも大いに関係があります。


これらばかりではありません!!


血液中の中性脂肪が増えると、エネルギーに変換されない中性脂肪は、
なんと、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。


ですから、総コレステロール値が高くなくても、動脈硬化を招く原因となるのです。



スポンサードリンク
中性脂肪
中性脂肪
オレンジページ
price : ¥1,050
release : 2005/06/02

ヘルシーで簡単でおいしい!

私はダイエットが目的で買いました。

カロリーが大きく書いてあるので分かりやすいです。
また、レシピはどれも簡単でおいしいものばかり。

おうちごはんはヘルシーで簡単でおいしい、が一番!

カロリーや塩分、脂分をカットできるちょっとした工夫が
たくさん紹介されていておもしろいですよ!
ほんとに「ちょっとした」工夫。

料理初心者なので、レシピ本が手放せないのですが、
この本を買ってからは、ほとんどコレばっかり!

副菜や麺類、スープ類のレシピも多く、一冊あると
かなり重宝すると思います。

「血管年齢」が若返る本―高血圧・糖尿病・高脂血症が逃げていく!
「血管年齢」が若返る本―高血圧・糖尿病・高脂血症が逃げていく!
マキノ出版
price : ¥1,365
release : 2005/01

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.