いびきの原因

いびきの原因には肥満、鼻疾患、咽頭扁桃部の異常、骨格、年齢などがあります。それらの原因、症状について紹介します。

スポンサードリンク



いびきは身体のコンデイションに大きく影響されますね。

いびきの原因には次のようなものが考えられます。


1.肥満

首・舌が太くなると、気道を圧迫していびきをかきやすくなります。

いびきは体重の増加とともに、かく割合が多くなってきます。

それは、体重が増えるに連れ、顎の周囲、首周り、喉や舌も太くなり、
その結果気道が上下左右から圧迫され気道が狭くなるので、
いびきの発生につながるのです。


2.鼻疾患

アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔湾曲症など鼻や鼻腔に病気がある場合、
鼻がつまって口呼吸になることが多くあります。

その結果、いびきや睡眠時無呼吸症候群になると考えられます。

新生児や乳児は成人より気道の狭いので、
このような症状がある場合は呼吸困難を引き起こすこともあり注意が必要です。


3.咽頭扁桃部の異常


咽頭扁桃とは、咽頭部にある粘膜組織で、アデノイドと呼ばれる部分です。
風邪をひいたときなどにはこの部分が腫れて痛くなります。


口蓋垂は、「のどちんこ」と呼ばれている部分です。


咽頭扁桃や口蓋垂の炎症や肥大があると、気道が狭くなり、
いびきの原因となります。


4.骨格

あごが小さかったり、細かったりすると、舌があごに収まりきれず
気道側に落ち込みやすくなり、気道が狭くなることがあり、
いびきの原因になっています。


最近は食生活の変化などで、子供や若者、女性に
あごが細くなっている傾向があります。


5.年齢


加齢で筋力が低下してもいびきをかきやすくなります。


筋力が低下すると、舌や顎周囲の重さを支えられなくなるため、
気道が狭くなってしまいます。

おとしよりにいびきをかく人が多いのはこの原因による場合があります。

これらは、身体的な原因以外にもいびきをかく原因があります。



スポンサードリンク


いびきはコワイ!

大いびきは死への行進曲



危ない!子どものいびき

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.