子供が危ない!メタボリックシンドローム

子供にメタボリックシンドロームが増えています。メタボリックシンドロームを防ぐには、子供の頃からの生活習慣と食生活が重要です。

スポンサードリンク


メタボリックシンドロームを防ぐには、子供の頃からの生活習慣と食生活が重要です。


各種統計情報(平成18年度学校保健統計調査)−文部科学省の結果で
年齢別の肥満児の出現率を見ると、


男子は、5歳で2.57%、7歳で6.22%と増え始め、
9歳で10.83%と1割を突破。
ピークは15歳の13.52%で、9〜17歳で10%超の状態が続いてます。


女子で10%を超えるのは12歳の10.16%と15歳の10.06%で、
男子ほどの肥満化はみられないが「男女とも昭和52年度以降、
一貫して上昇傾向が続いているそうです。


また、地域別でも大きな差が出ています。


男子の15歳での出現率を都道府県別に見ると、
全国で最も低いのは埼玉の8.71%。次いで静岡の9.13%で、
10%を割り込んだのは群馬(9.14%)と熊本(9.91%)を含め4県。


最も高いのは秋田の21.43%で、5人に1人に肥満傾向が見られる。
47都道府県のうち、15歳の肥満傾向が15%を上回ったのは
北海道、青森、岩手、秋田、山形、福島、栃木、徳島の8道県で、
「東高西低」ぶりが鮮明に表れています。


子供の肥満の原因


最も肥満児の多い秋田県の小児科医のほとんどが、
肥満の原因は「運動不足」を指摘しています。


「東高西低」傾向が強いのは、雪が降ったり、寒さが厳しいと、
家の中で遊び機会が増え、食べものを口にする機会も増える。


また、過疎化により、学校が遠くて親が車で送迎することが多いことも
運動不足の一因となっているのではとも。


最近の子供は動きたがらず、動物性脂肪と糖質が高くて、
軟らかいものを好む傾向にあるそうです。


女子が男子に比べて割合が低いのは、親も本人も幼稚園の時から
容姿を気にして、食べ過ぎないようにしているためで、
男の子が容姿を気にし始めるのは小学校高学年と遅いためなのでしょうね。


メタボリックシンドロームは「肥満」を回避することがまず一番です。


子供の時から気をつけていなければ、メタボリックシンドロームは
どんどん増加するでしょう。


これを危惧して、子どもにもメタボ基準が設定されました。


研究班の調べでは、小中学生でも肥満児なら、
5〜20%はあてはまる可能性があるといわれています。


詳しくは、子どもにメタボ基準を設定:最新健康情報


あなたのお子さんは大丈夫ですか?





スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.