メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームはWHO、アメリカ、日本と診断基準が違います。おへそ周り(ウエスト周囲径、肥満、血液検査の異常などが基準になります。

スポンサードリンク


メタボリックシンドロームとは? メタボリックシンドロームの人は、糖尿病を発症するリスクは通常の7〜9倍。 心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクは約3倍にもなるといわれています。 日本の中年男性の半分近くがこの「症候群」または その予備群に該当するものとされています。 あなたは大丈夫ですか?

メタボリックシンドロームの診断基準

WHO、アメリカ、日本と診断基準が違います。 NCEP-ATP III(アメリカ)の診断基準や,WHOの診断基準がすでに作成されていたが, 日本人にあわせた診断基準が今まではありませんでした。 メタボリックシンドロームの診断基準が日本で制定されたのは、2005年4月8日。 まだ、2年前のことです。 日本糖尿病学会、日本肥満学会、日本高血圧学会、日本血栓止血学会、 日本動脈硬化学会、日本循環器学会、日本内科学会、日本腎臓病学会の8学会が 日本国内でのメタボリックシンドロームの診断基準をまとめて、2005年4月に公表しました。 診断基準は、 内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満) おへそ周り(ウエスト周囲径)が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とし、 その中で以下の三項目の内、二つ以上を有する場合 1.血清脂質異常 中性脂肪(トリグリセリド)値150mg/dL以上、 またはHDLコレステロール値40mg/dL未満 2.高血圧 最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上 3.高血糖 空腹時血糖値110mg/dL以上 欧米のメタボリックシンドロームの診断基準と日本のメタボリックシンドロームの診断基準を比べて もっとも違う点は、 ■男性のウエストの周囲径が 欧米の方が日本人と比べて大きい。 (WHOでは、90cm、アメリカでは、102cm以上) ■女性の場合だと 男性とは、逆で日本人の方が大きい。 (WHOでは、85cm、アメリカでは、88cm以上) あなたのメタボリックシンドロームチェック!

ウエスト周囲径を計る

内臓脂肪の蓄積はウエスト周囲径で判定し、 男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。 この数字は、腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合、 断面積100cm2に相当します。 ウエスト周囲径の正しい測り方は、立ったまま、 軽く息を吐いた状態で「へそまわり」を測ることです。 「え?こんなにあるの??」とビックリするのではないでしょうか。 気持ちはわかりますが・・・ 腰の一番細いところ(いわゆるウエストサイズ)ではないので、気をつけて下さい。(笑) ただし、見かけのウエスト径と実際の内臓脂肪量はちがうことも多くあります。 正確には、CTスキャンで内臓脂肪量を測定することをオススメします。

血圧、中性脂肪、血糖値の測定。

健康診断などで、定期的に血圧、中性脂肪、血糖値の測定をして管理しましょう。

生活習慣に気をつけましょう

今は、大丈夫と思っていても、こんな生活習慣がありませんか? □つい間食をしてしまう □食事は不規則だ □食事は夜遅くなることが多い □ながら食いが多い □濃い味付けのものが好きだ □野菜はあまり食べない □外食が多い □ストレスが多い □アルコールをよく飲む □運動はあまりしない □デスクワークが多い これらは、将来、内臓脂肪を蓄積し、 メタボリックシンドロームになる危険性が高いです。 チェックが多くはいる人は、生活習慣や食生活を改善しましょう。 メタボリックシンドロームは生活習慣病ということをお忘れなく!!

スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.