いびきの防止・解消法 外科的手術

いびきや睡眠時無呼吸症候群の外科的手術は、いびきの解消法や予防法でも改善が見られないときに行われることが多いです。いびき外来での保険適用、費用について。

スポンサードリンク


睡眠時呼吸障害に外科的手術は、いびき解消法や生活習慣の改善による肥満解消やダイエットでも
いびきの改善が認められない場合や睡眠時呼吸障害がある時には有効なことがあります。


いびき改善の手術は症状にあわせて、
鼻腔形成術、副鼻腔手術、アデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術、
軟口蓋形成術(UPPP)などが実施されています。

最近は、「いびき外来」や「睡眠時呼吸障害外来」がある病院が
増えてきました。


いびき治療・睡眠時無呼吸症候群専門外来 全国診療施設ガイド


近くにない場合には、耳鼻科を受診し、いびきの原因や
どうやったらいびきは治るかなど、具体的に相談してみましょう。


手術によって外科的に咽頭部を拡大するので呼吸がしやすくなり
体内の酸素量も増加します。


酸素量の増加は心肺機能の負担減少につながるので、
高血圧や循環器系などの合併症抑制に有効であるとされています。


ただし 成人の場合は、原因部位が明確でなかったり、
肥満を合併してる場合も多いため、手術をしても効果がなかったり、
リスクがあったりする場合があるので、慎重な判断が必要のようです。


いびきや睡眠時無呼吸症候群の手術は、基本的に社会保険が適用されますが、
病院によっては自由診療の場合もあります。


必ず手術前に保険は適用されるのか?
手術費用は総額でいくらかかるのかを確認しておきましょう。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.