貧血は身近な病気?!

貧血はよくある病気で軽視されがちですが、日常生活や仕事にも支障をきたす病気。必ず治療が必要です。

スポンサードリンク


貧血は女性の約1割、10人に1人が悩んでいると言われるほど、身近な病気です。
とくに若い女性に多いことが知られていますが、高齢者でも見過ごしにできません。


貧血


貧血は、よくある症状なので軽く見られがちで、放置されることが多いのですが、日常生活や仕事にも支障をきたす病気ですので、必ず治療が必要です。


原因はさまざまですが、赤血球の数が減る事で身の細胞が酸素欠乏に陥るため、からだがだるい、疲れやすい、顔色が悪い、頭痛、肩こりなど、全身にさまざまな症状を引き起こします。




スポンサードリンク

健康診断で貧血発見


私は10年ほど前に、健康診断で貧血が見つかりました。


貧血の自覚症状は、言われてはじめて「あ〜〜そうかも」という程度だったので
ちょっとビックリでした。


即、いろんな精密検査をした結果、胃カメラや大腸ファイバーなど
消火器や内科的には問題なかったのですが、婦人科で子宮筋腫が見つかりました。


子宮全摘出手術を受けたので、貧血はなくなりました。
貧血が治ってはじめて、貧血の時はいかに身体の調子が悪かったのかを実感しました。


このように、貧血は様々な病気の前兆や症状として現れることも多いのです。

ですから、定期的に健康診断を受けることはとても大切です。


貧血についての正しい知識で、予防・改善していきましょう!


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.