鉄欠乏性貧血の原因

鉄欠乏性貧血の原因は、赤血球中のヘモグロビンの重要な材料のひとつである鉄分が不足することで起こります。

スポンサードリンク


鉄欠乏性貧血とは?

貧血のなんと70%は、ヘモグロビンの重要な材料のひとつである鉄分が不足することによる「鉄欠乏性貧血」です。


血液検査の結果では、赤血球数は基準値内ですが、血色素(ヘモグロビン・Hb) ・血球の容量(ヘマトクリット・Ht)が低下しています。


その結果、計算式で求められるMCV、MCH、MCHCも低下しています。


     MCV、MCH、MCHCで貧血のタイプがわかる?


つまり、一個一個の赤血球が小さいのです。


鉄は体に必要なミネラルのひとつで、成人男性では体内に約4gの鉄が存在しています。鉄は体内で合成することができないので、食物から摂取する必要がある栄養素です。


★★★★★
★★★★
★★★★★



スポンサードリンク

鉄欠乏性貧血の原因

通常の食生活をしている限り、血液中の鉄分が足りなくなることはあまりありません。それは、体内にある鉄のうち約30%(約1g)が、鉄が十分に摂れないときに備えて、肝臓や脾臓、骨髄などに「貯蔵鉄」として蓄えられているからです。


なんらかの原因で鉄が不足すると、まず蓄えられている貯蔵鉄から減っていきます。この時点ではまだ、血液中の鉄には影響ありませんから、貧血状態ではありません。


でも、この状態が長く続くと、貯蔵鉄がどんどん目減りしていき、隠れ貧血の状態。「貧血予備軍」となります。さらに鉄不足の状態が続くと、貯蔵鉄がなくなり、大切な赤血球中の鉄まで減り始めます。


このように長期間かかって症状が現れてくるのが、鉄欠乏性貧血なのです。

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.