鉄欠乏の原因は鉄の吸収を阻害するもの

鉄欠乏貧血は鉄の吸収を阻害するものを夕食後には摂らない。タンニンを含む茶やコーヒー、赤ワインなど

スポンサードリンク


食品の中には、鉄の吸収を助けるものがあると思えば、それを妨げるものもあるのです。


鉄の吸収は夜に行われるそうですので、特に夕食以降は気をつけてください。


貧血の方や貧血を予防したい場合には、なるべく摂らないように。
摂る場合には、阻害物質をおさえる工夫をしなければなりません。


阻害物質としては、以下のようなものがあります。


タンニンが鉄の吸収を阻害


お茶


ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、吸収をうながすものでしたが、
同じポリフェノールの一種であるタンニンは吸収を強く阻害するのです。


鉄と結びついたタンニンはタンニン鉄となり、
水に溶けにくくなるので、腸での吸収が妨げられます。


タンニンを多く含んでいるのが、お茶やコーヒーです。
赤ワインはアントシアニンとタンニンの両方を含んでいます。


貧血の予防のためには、夕食以降に、
貧血の改善のためには、終日。


茶やコーヒー、赤ワインなどは飲まないようにしましょう。


フィチン酸が鉄の吸収を阻害


フィチン酸は、米穀類や種子に多く含まれ、
玄米や米糠(こめぬか)、豆腐や豆製品に含まれることがよく知られています。

 
フィチン酸は金属イオン類を取り囲み、強力な抗酸化作用の働きで
活性酸素の発生を抑制し、結果としてがんの予防、抑制するいわれています。


ところが、フィチン酸には、鉄分やカルシウムなどの必須ミネラル成分と
強く結合(キレート作用)し、その吸収を阻害することも判明しています。


玄米食の場合、玄米そのまま食べたのでは、有効成分は体内を素通りするだけで、
効果も期待できないそうで、逆に体内に蓄えたミネラルまで吸着してしまうため、
逆効果にもなりかねません。


そこで、玄米食にする場合は、発芽玄米を使いましょう。


新芽を発芽させることで「フィターゼ」という酵素を働かせ、
フィチン酸とミネラル成分が分解して独立します。


それぞれが、体内に吸収されやすい姿に変えられるので、
その効果が期待できるそうです。


いずれにしても、貧血の食事としては、夕食に
玄米や豆腐、豆製品を摂ることは控えて方がいいでしょう。




スポンサードリンク

シュウ酸が鉄の吸収を阻害


ほうれんそうに含まれるシュウ酸は、鉄やカルシウムの吸収を妨げ、
貧血やカルシウム不足による骨粗鬆症や結石を作りやすくなるといわれています。


でも、ほうれん草を食べるときには、ゆでますよね。
ほうれん草の「アク」がシュウ酸です。


ほうれんそうをゆでることによって、水溶性シュウ酸の7〜8割が水に溶出し、
残存は2〜3割となり、苦味が感じなくなるまでにシュウ酸は減ります。


ゆでて水にさらし、しっかりアク抜きをしましょう。


貧血の場合には、夕食にほうれん草を食べるのは控えましょう。

食物繊維のとりすぎが鉄の吸収を阻害


野菜や海草類に多く含まれている食物繊維も鉄やカルシウムなどを吸着して、
体外へ排出する働きがあります。


鉄の腸での吸収を妨げることになりますので、
とりすぎには注意が必要です。


その他、鉄の吸収を阻害するもの


炭酸飲料やビールなどに含まれている炭酸。やリンも、
食物と同時に摂取すると鉄の吸収率が下がるといわれています。

普通の食事なら、それほど気にすることはないそうですが、
飲み過ぎ、食べ過ぎはよくないのは当然のことですね。


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.