鉄欠乏の原因は乳幼児期の需要増大

乳幼児期には鉄の需要が増大します。未熟児後期貧血が成長の盛んな生後3月頃から出現。母子ともに貧血になりやすいので注意。

スポンサードリンク


鉄の需要量が増大するときとはどんなときでしょう。

これは、身体が急速に成長しているときです。


乳幼児の貧血


低出生体重児、未熟児では十分に鉄が蓄えられず生まれてくるので、発育の遅れを取り返そうとするように急激に成長します。


鉄の供給が間に合わずに未熟児後期貧血が成長の盛んな生後3月頃から出現します。


乳幼児の貧血


未熟児に限らず、成長の盛んな乳幼児では鉄の需要が急増し、母乳やミルクだけでは、鉄の供給でまかない切れず鉄欠乏(離乳期貧血)になります。


私の娘も1歳の時、貧血を指摘されました。身長や体重が平均よりもずいぶん大きく、とても元気でしたのでちょっとビックリしました。


特別な処置はありませんでしたが、離乳食に気をつけたのを覚えています。


子供は母親から鉄をもらって生まれてきます。ですから、母親も妊娠中、胎児の成長とともに鉄が多く必要となります。


また、母乳を与えている母親も、鉄欠乏になりやすいので気をつけましょう。




スポンサードリンク

母乳のもとは血液です。


     母乳のもとは、お母さんの血液?


妊娠や授乳中に鉄欠乏のままにしていたり、喫煙していると、子供の成長に大きな影響が出てくるのは当然ですね。


乳幼児の貧血


健やかな子供の成長を願うなら、胎児の時からいい環境で育てましょう!!

この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.