ビタミンB12不足で貧血になる?!

大球性高色素性貧血(巨赤芽球性貧血)の原因にビタミンB12不足があります。ビタミンB12の働き、ビタミンB12不足の原因、葉酸との関係について。

スポンサードリンク


「大球性高色素性貧血」(巨赤芽球性貧血)についてお話ししています。

   大きな赤血球でも貧血になる?

この貧血は、骨髄の造血機能が上がり細胞数は増加しますが、
DNA合成障害により、まともな血球が産生できないため、
途中で壊されしまい、貧血を補うことができません。

このDNA合成障害を起こす原因は、
「ビタミンB12」または「葉酸」というビタミンの不足、欠乏で起こります。


ビタミンB12の働き


遺伝子を構成する核酸の合成に関わっているので、
「葉酸」とはたらきあって、脊髄で赤血球を作る働きを助ける作用があります。

「葉酸」とともに「造血のビタミン」と呼ばれています。

    菜食主義は不足?!ビタミンB12:ビタミン・ミネラル大辞典


ビタミンB12は、通常の食事でごく自然に摂取され胃に入ります。
ですからほとんどの場合不足なることはありません。


しかしこのままでは体内に吸収されません。
ビタミンB12は、胃から分泌される内因子と結合してはじめて
小腸から吸収されるようになるのです。


小腸で吸収されたビタミンB12は全身の組織に入り込み、そこに貯えられます。
その備蓄量は約5mgで、 0.5mgに下がるとビタミンB12欠乏症になります。


ビタミンB12不足の原因


では、どうしてビタミンB12の欠乏が起こるのでしょうか?


1.摂取不良

さっきもお話ししましたが、
普通に食事をしていればビタミンB12が不足することはまずありません。

ただし、ビタミンB12は植物にはなく、動物性食品にしか含まれていません。
ですから、菜食主義(ベジタリアン)の人は要注意です。


2.内因子の欠乏

この内因子は胃の幽門腺からでしか分泌されていませんから、
もし胃に強い病変があると内因子が充分得られなくなります。

胃を切除した場合や、萎縮性胃炎、胃がんなどでも不足が起こります。

しかし、胃を切除してもすぐにはビタミンB12不足にはなりません。
身体に備蓄さているので、それを使い果たすには数年かかります。

また、高齢者になるとこの内因子を十分に作ることが出来ずに
不足がちになります。


3.小腸での吸収障害


内因子が十分にあってビタミンB12と十分に結合していても、
小腸から吸収されなければ、ビタミンB12不足になります。

小腸に病変がありダメージを受けているような場合、
小腸の悪性腫瘍や、薬物による吸収阻害、先天性の吸収障害などがあります。

また、細菌や広節裂頭条虫などのビタミンB12を利用する病原微生物に
感染すると 小腸から吸収するまえに、摂られてしまいます。


4.ビタミンB12の利用増大


ビタミンB12の需要が増大するのは、
まず、妊娠による胎児の成長があります。

妊娠中は特に食事に気をつけましょう。

また、悪性腫瘍、 とくに白血病などの増殖性疾患などもがあります。


このようなビタミンB12欠乏がなくても、葉酸が不足していれば
DNA合成障害
を起こしてしまいます。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.