MCV・MCHの低下は鉄欠乏性貧血

RBC・Hb・Htと、計算式(MCV・MCH・MCHC)によって血液中の赤血球の状態や機能・能力を推測できます。MCV・MCHが低いときは小球性低色素性貧血で代鉄欠乏性貧血の典型的な特徴です。

スポンサードリンク


今日は、測定した3つの項目(RBC・Hb・Ht)の検査結果と、
この3つの計算式(MCV・MCH・MCHC)によって、

血液中の赤血球の状態や機能・能力を推測してみましょう。

これによって、貧血の種類もわかります。
ただし、病名を特定するには精密検査が必要です。


rbc2.jpg


小球性低色素性貧血


わかりやすく、数値でお話ししますね。


これは、以前、私が貧血だった頃のデータです。()は女性の基準値です。


●赤血球数  452  (360〜489)

●血色素量  8.0  ↓ (11.4〜14.5)

●ヘマトクリット値 25 ↓ (34〜44)

●MCV  55.3 ↓ (78〜101)

●MCH  17.7 ↓ (28〜35)

●MCHC 32.0 (31〜36) 

.




スポンサードリンク

このデータからわかることは、

1.赤血球の数は正常にあること。

2.血色素量が少ないので貧血であること。

3.MCVが低い。つまり、赤血球数は正常にあるが、
  ヘマトクリット値が低いので、1個1個の赤血球が小さいこと。

4.MCHが低いので、1個の赤血球に含まれる血色素量が少ないこと。

5.しかし、MCHCは正常ですので、1個の赤血球の大きさと
  血色素量のバランスはとれている

ということです。

この状態が、「小球性低色素性貧血」です。


つまり、中身が少なくなったので、小さくなった!状態ですね。

典型的な鉄欠乏性貧血の特徴です。

他に「鉄芽球性貧血」や「サラセミア」なども考えられます。


鉄欠乏性貧血の場合。赤血球を作り出す機能は正常ですので、
貧血の状態を補おうとして、通常よりも多くなる傾向にあります。


顕微鏡でみると、小さな赤血球がいっぱいみられます。
けなげに頑張っている!って感じですよ。

rbc3.jpg



★★★★★
★★★★★


この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.