貧血の検査:赤血球数とは?

貧血の検査:赤血球数(RBC)の定義と基準値、貧血や多血症など赤血球数異常で起こる病気について。

スポンサードリンク



まず、貧血と聞くと、赤血球の数が少ないのでは?!と思われるでしょう。

はい!それも正解です。でも、必ずしも少ないとは限らないのです!!

数はたくさんあるのに、貧血だということもあるのです。

貧血の検査についてお話しします。


貧血の検査は、まず、血液一般検査で行われます。


●赤血球数

●血色素量

●ヘマトクリット値

●MCV

●MCH

●MCHC

これらの項目によって総合判断されます。

赤血球数(RBC)とは


RBC (red blood cell) 赤い血球という意味です。


赤血球はヘモグロビン(血色素:Hb)を含み
多数集まると赤色に見えるのでこの名前がつきました。


赤血球の寿命は約4ヶ月。
日々4〜5万個前後の赤血球が生まれ、
かたや肝臓や脾臓などで破壊されていきます。


赤血球のヘモグロビンが酸素や二酸化炭素と結びついて、
それらを全身へ運ぶ役割を果たします。


貧血や多血症などの病気の手がかりを
赤血球数(RBC)検査でつかむことができます。


赤血球の基準値


男性:440〜560万/μl  女性:380〜520万/μl 


これは、血液 1マイクロリットル(μL)つまり、0.000001リットル中にある赤血球の数です。

( 1リットル=100万マイクロリットル このほうがわかりやすいかもしれません)


     

赤血球数の異常


1.減りすぎている場合

     貧血 (鉄欠乏性・悪性・再生不良性・溶血性)

2.増えすぎている場合

     多血症:血が流れにくくなって、血管がつまりやすくなる。


と言われていますが、数だけでは判断できない場合もよくあります。


赤血球の異常を考える場合、赤血球の数だけを見るのではなくて
その形態や性状を見ることが重要です。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.