貧血の検査 血色素量とは?

血色素(ヘモグロビン)は赤血球に含まれているたんぱくの一種で血の赤さの元です。ヘモグロビンが酸素を運ぶので血色素量を測定することで貧血かどうかを判断します。

スポンサードリンク


貧血の診断に必要な検査についてお話ししています。


赤血球数

●血色素量

ヘマトクリット値

MCV、MCH、MCHC

今日は、2番目の 血色素量 についてです。


血色素(ヘモグロビン)は、赤血球に含まれているたんぱくの一種で、
血の赤さの元になっているものです。


「ヘモグロビン」とは、「ヘム」という色素と「グロビン」というタンパク質が
合わさったものです。


赤くなったり青くなったりする部分は「ヘム」という色素の部分です。


血液が酸素を運ぶというのは、吸った酸素がヘムにくっ付き、
ヘムにくっ付いた酸素が全身に運ばれる、という事です。


また、血液中に二酸化炭素が多く含まれると、
ヘムにくっ付いていた酸素が離れやすくなってしまい、
酸素が離れてしまったヘムは、青い色になってしまうのです。


酸素を多く含む動脈血が鮮明な赤なのは、このためです。


ですから、この血色素が少なくなると
酸素を運ぶ能力が落ちてしまい、貧血になってしまいます。


血色素量(Hb ヘモグロビン)の基準値


男性:13.0g/dl から 18.0g/dl

女性:11.0g/dl から 16.0g/dl


正確には、年齢・性別で基準値(正常値)が異なります。


生後すぐの赤ちゃん高値ですが、6ヶ月くらいで低下。
その後再び増えてきて、15歳くらいで成人と同じくらいになります。


妊娠中の女性や、高齢者では、やや低値になります。


男性では13.5g/dl未満、女性では11g/dl未満の場合は
「貧血」と診断されます。


男女とも、10g/dl以下になると、「中等度〜重度の貧血」で、
貧血の症状が現れやすくなります。


しかし、ただ血色素量が低いというだけでは、
 赤血球の状態を把握することは出来ません。


そこで、必要になってくる検査が、ヘマトクリット値(Ht)なのです。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.