赤血球の大きさは変わらなくても数が減ると貧血に?

正球性正色素性貧血とは1つ1つの赤血球の大きさや含まれるヘモグロビンの量は通常とかわらないのに赤血球の数が減ったために起こった貧血。

スポンサードリンク


正球性正色素性貧血とは


わかりやすくするために数値でみてみましょう。


●赤血球数  258  ↓(360〜489)

●血色素量  8.0 ↓ (11.4〜14.5)

●ヘマトクリット値 25 ↓(34〜44)

●MCV  96.7 (78〜101)

●MCH  31.0 (28〜35)

●MCHC 32.0 (31〜36) 


血色素がおなじ 8.0 でも、小球性低色素性貧血とは違いますね。


このデータからわかることは、


1.赤血球数の絶対数が減っているので、全体のヘモグロビン濃度が下がり、
  ヘマトクリット値も低くなっている。


2.MCV、MCHが正常ですので、 1つ1つの赤血球の大きさや
  含まれるヘモグロビンの量は通常とかわらない。


この場合は赤血球の数が減ったために起こった貧血で

「正球性正色素性貧血」に分類されます。


正球性正色素性貧血に分類される病気

病名としては、

*再生不良性貧血 

骨髄が何らかの原因で低形成になり、血液中の赤血球、白血球、血小板の
すべてが減少する造血器(骨髄)の病気。
鉄分などは体内にあるので、赤血球の大きさは正常


*溶血性貧血 (何らかの原因で赤血球が血液中で壊されている)


*急性出血直後 (急な大量出血で造血機能が間に合わない)


*腎性貧血 

腎臓機能障害で赤血球を産生を促進・成熟させるホルモン分泌が減り、
造血機能が低下する


その他、


赤芽球癆、白血病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群(MDS)、
悪性腫瘍・膠原病・内分泌疾患・腎不全・肝疾患・感染症などに伴う続発性貧血


などが考えられます。


赤血球数が減少した原因によって治療法が違ってきます。

病名を特定するために精密検査を受ける必要があります。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.