喫煙は血中の葉酸濃度を低下させる?!

喫煙は細胞の葉酸代謝や保存能力を阻害し、血中の葉酸濃度を低下。 特に、妊婦の喫煙は妊娠・出産へ直接影響します

スポンサードリンク


飲酒は葉酸の働きを低下させますが、喫煙。タバコも葉酸に大きな影響を与えます。


「赤ちゃんや子供にタバコは悪い」とよく言われますが
それはなぜなのでしょうか?

その理由を知っている人は少ないのでは?

喫煙が身体に及ぼす害を知っていたら、
タバコを吸うことは怖くてできないと思うのです。

タバコを吸う人の肺はこんなに汚い!


葉酸と喫煙の関係


喫煙は細胞の葉酸代謝や保存能力を阻害し、血中の葉酸濃度を低下させます。


特に、妊婦さんが喫煙すると妊娠・出産へ直接影響してしまいます。


流産・早産・死産・胎児の発育への影響・破水・異常出血・胎盤剥離・
胎児の先天奇形、乳幼児突然死症候群(SIDS)など、
さまざまな悪影響を引き起こす原因になります。


また、無事赤ちゃんを出産しても、赤ちゃんの発育がわるく、
保育器に入れなければならなかったり、
赤ちゃんの力でオッパイを吸うことができず点滴による治療などが
必要になることもあります。


統計から見ても、葉酸値が高い女性のほうが、
より健康で体重の重い赤ちゃんを出産していることがわかります。


喫煙妊婦の血中葉酸値は、非喫煙妊婦の値より低いこともわかっています。


これは、胎児の正常な発達や成長、体重増加においても
葉酸が重要であることを示しています。


   喫煙・飲酒で葉酸不足?:ビタミン・ミネラル大辞典

いつから禁煙すればいいの?


近年、若い女性(20代・30代)の喫煙率が増加しています。

街角でも喫煙している若い女性の姿をよく目にするようになりました。


妊娠に気づいてから禁煙すればいいのでは?
という人もいますが、これでは遅いのです。


妊娠初期に脳など胎児の体の主要な部分は基本構造ができます。


妊娠に気づいた時点では授精してからすでに数週間経過しており、
もうその時期は過ぎているのです。


妊娠を計画した段階から禁煙していなければ意味がないのです。


でも、妊婦が喫煙しなくても、夫や家族が喫煙していたらどうでしょう?

副流煙(ふくりゅうえん)による影響は深刻ですね。


赤ちゃんが元気に産まれ育つためには、
タバコの害から守ってやることは、大人の責任ではないでしょうか。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.