肝臓の働き 役目

肝臓の働き 役目は、非常に多くの種類があり、代謝、排出、解毒、特に内部環境の維持に大きな役目を果たしています。

スポンサードリンク


肝臓の働き 役目

肝臓の働き 役目は、非常に多くの種類があり、、特に内部環境の維持に大きな役目を果たしています。特にアルコール分解能があることは、一般によく知られていますね。


肝臓の働き 役目はそのほかにも

●食物の消化を助ける胆汁を産生し十二指腸に排泄する。

●炭水化物の代謝。

●脂質の代謝。

●蛋白質の代謝。

●アンモニアを尿素へ変換する。

●解毒作用。

●アルブミンの合成。

●グリコーゲンの貯蔵。

●ブドウ糖の合成。  などなど


このように、肝臓は、代謝、排出、解毒、体液の恒常性の維持などに働き、また、十二指腸に胆汁を分泌して消化にも一定の役目を持っているのです。肝臓が正常に機能を果たしてくれることが、健康維持には欠くことが出来ません。


昔から、特に大切な中心になることを「肝心」とか「肝腎」といいますね。肝臓と心臓や腎臓は、人体にとって欠くことのできないものであるところから最も重要なこと。また、そのさまを言われてきました。古くから伝わる言葉が示すとおり、肝臓は人体の中で、大変重要な働き、役目を担っている臓器です。
 

しかし、肝臓はダメージを受けても弱音を吐かず、痛みも現しません。あなたは、知らず知らずのうちに肝臓を酷使して、痛めつけていることはないでしょうか?


肝臓が本来の働き 役目を果たすことができるように、生活習慣を見直し、食生活を改善しましょう。

★★★★★
★★★★
★★★★★
★★★★★




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.