脂肪肝とは?

脂肪肝で非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、肝硬変、肝不全、肝癌へと進行する病気です。

スポンサードリンク


肝臓病の原因の多くは今までお話ししてきた肝炎ウイルスによるものですが、
その他の原因として、注意しなければならないのは脂肪肝です。

脂肪肝をそのまま放置しておくと、肝硬変に移行することがあるからです。

アルコールを飲む人が脂肪肝になることは知られていますが、
アルコールを飲まない人の脂肪肝(NAFLD)から発症する肝炎が今注目を浴びています。

非アルコール性脂肪性肝炎( NASH)が、将来、肝硬変・肝癌に発展することがわかってきたからです。

脂肪肝とは


脂肪肝とはその名の通り、肝臓を構成している肝細胞に中性脂肪がたまる病気です。
つまり、肝臓全体が白っぽく、フォアグラのような状態になっているのです。


健康な肝臓でも中性脂肪を3〜5%くらい含んでいますが、
5%を超えた場合を脂肪肝といいます。


脂肪肝になっている肝臓の組織を顕微鏡で見ると、
肝細胞内に球状の脂肪滴が異常に増えているのがわかります。


正常な肝臓の脂質は、約3分の2がリン脂質で、主に細胞の膜を構成しています。
残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸です。


脂肪肝の状態では、中性脂肪が増加して大部分を占めていて、
コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。


脂肪肝は、30〜70代に多く、性別では男性の方が多く発症しています。
男性では40歳前後に、女性では40代以降の中高年に多発しています。


脂肪肝の初期は、自覚症状はなく、会社の健康診断や
ほかの病気のための血液検査で偶然発見される場合がほとんどです。


脂肪肝になると、どうなるの?


肝細胞が脂肪でいっぱいになると、肝細胞がふくらんでしまうため、
肝内の血管が圧迫されて、肝臓内部の血液の循環が悪くなります。


血液の循環が悪くなるとしだいに肝機能が低下していきます。


その結果、からだがだるくなったり、疲れやすくなったりなどの
倦怠感や疲労感がでてくるのです。
しかし、初期の場合にはほとんど症状はでません。


しかし、脂肪肝で多くみられるのが、肥満を伴うもの、
糖尿病に合併するもの、多量の飲酒に付随するものです。


統計によると、肥満の人の約50%に、糖尿病患者の約50%、
多量の飲酒をする人の実に約80%が脂肪肝にかかっているのです。

飲酒をしなくても脂肪肝になることがあります。
非アルコール性脂肪性肝炎( NASH)は脂肪肝の約1割 といわれています。

脂や糖分の多いバランスを欠いた食生活や運動不足による、内臓脂肪の増加が原因です。

脂肪肝にならないようにすることは、とても大切です。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.