脂肪肝の原因 その1 栄養過多

脂肪肝の3大原因は肥満、酒の飲みすぎ、糖尿病。非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は肝硬変や肝臓がんに移行するこわい病気です。

スポンサードリンク



脂肪肝の3大原因は簡単に言えば、「肥満」、「酒の飲みすぎ」、
「糖尿病」などの栄養過多によるものです。


肝臓は、人が生きていくうえで必要なエネルギーや物質をつくったり、
不要となった物質を解毒したりする脂肪代謝の働きをしています。


肝臓は食物から取り込んだ脂肪酸を中性脂肪に変えて、血液で全身に運び、
エネルギー源としたり、各臓器の材料にしています。


逆に全身の脂肪組織から血液中に放出された脂肪酸を取り込み、
それをまた中性脂肪に変えて再利用するのです。


肝臓の脂肪代謝機能が正常なら、中性脂肪は肝臓に蓄積されることないのですが、
食事から摂取する脂肪が増えたり、肝臓の過労や病変で機能が低下すると、
全身から運ばれてくる脂肪酸を処理する力が落ち、脂肪がたまり始めます。


1〜3ヶ月で発症


しょっちゅう暴飲暴食をしている人は、1〜3ヶ月で発症するといわれています。


アルコールは脂肪肝の大きな原因ですが、飲まない人でも脂肪肝になります。
脂肪分の多い食品を食べなければ脂肪肝にならないというわけでもありません。


私の友人はお酒は飲みませんし、油っこい物をあまり食べません。でも、健康診断で脂肪肝の診断がでました。不思議がっていましたが、実は彼は甘い物に目がなかったのです!!


糖質も脂肪酸のりっぱな原料になるのです。


肝臓の処理能力は人によって個人差があり、
疲れている時や薬を飲んでいる時などでも違ってきます。

肝臓の処理能力を超えた食べ方や飲み方は脂肪肝につながります。

アルコール性脂肪肝は減少していますが、非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)」は増加の傾向にあります。

非アルコール性脂肪肝(NAFLD)の原因は、脂や糖分の多い食生活や運動不足による、内臓脂肪の増加によると言われています。

非アルコール性脂肪肝(NAFLD)が進行すると、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)になる場合があります。脂肪肝の人の一割程度(約100万人)が、「NASH」と言われています。

非アルコール性脂肪性肝炎「NASH」は最近注目され始めて病気です。

脂肪肝に何らかの病気が加わったときに肝炎が発症するようですが、詳しい原因は不明で治療法もありません。

非アルコール性脂肪性肝炎「NASH」は、初期の自覚症状はほとんどありません。
しかし、およそ一割は病状が進行し、数年以内に肝硬変や肝臓がんになるとされています。

あなたの肝臓は悲鳴をあげていませんか?




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.