脂肪肝の血液検査

脂肪肝の診断に必要な検査は、血液検査、超音波(エコー)、 CT(コンピューター断層撮影)、肝生検などです。 ★血液検査 脂肪肝になると血液検査で、中性脂肪とコレステロール値が上昇します。 他の血液検査を組み合わせて行うことで、脂肪肝の原因...

スポンサードリンク



脂肪肝の診断に必要な検査は、血液検査、超音波(エコー)、

CT(コンピューター断層撮影)、肝生検などです。


★血液検査


脂肪肝になると血液検査で、中性脂肪とコレステロール値が上昇します。


他の血液検査を組み合わせて行うことで、脂肪肝の原因が
アルコール性によるものか、栄養過多によるものかの
大まかな区別をつけることも出来ます。


脂肪肝で異常値になる検査項目です。

脂肪肝で異常値になる血液検査


★脂肪肝の目安となるのが、GOT・GPT


肝機能の目安となるのは、GOTとGPTという肝臓の中にある酵素です。

GOTとGPTは、肝臓が化学工場として働く際に、触媒として活躍する物質で、
肝臓に障害が起こると、GOTとGPTは上昇します。

ウイルス性肝炎の場合は、GOTやGPTは高度に上昇しますが、
脂肪肝の場合は、GOTとGPTが軽度〜中等度の上昇であることが多いです。

また、栄養過多による脂肪肝は、GPTがGOTよりもやや高くなり、
アルコール性脂肪肝は、逆に、GOTがGPTよりも高くなります。


★アルコール性肝障害の指標となる、γーGPT


γーGPTは、GOTとGPTと同じく、たんぱく質を分解する酵素の一つです。

γーGPTは、毒性のあるアルコールや薬剤などで肝細胞が破壊されたときや
結石やがんで胆管が閉塞されたときに血液中に出てきます。

とくにアルコールに対しては敏感に反応して、他の検査に先立ち
異常値を示すので、アルコールによる肝障害の指標となっています。

アルコール性の脂肪肝の場合にも、γーGPTが上昇します。


★栄養過多による脂肪肝は、コリンエステラーゼ(Ch-E)が上昇


コリンエステラーゼ(Ch-E)は、コリンエステルをコリンと酢酸に分解する酵素で
肝臓でしか作られません。

栄養過多による脂肪肝は上昇しますが、
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などは低下するので、見分けがつきます。


血液検査で異常値が出たときには、超音波(エコー)、CT、
肝生検などの検査を行い、病名を特定します。





スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.