急性アルコール中毒!年末年始に急増?!

「急性アルコール」といえば、すぐに思いつくのは、急性アルコール中毒でしょう。 年末年始は忘年会や新年会と言ったお酒を飲む機会が増えます。 そこで、急増するのが、「急性アルコール中毒」です。 飲み会で盛り上がるとついつい起こる「イッキ」コー...

スポンサードリンク


「急性アルコール」といえば、すぐに思いつくのは、急性アルコール中毒でしょう。


年末年始は忘年会や新年会と言ったお酒を飲む機会が増えます。
そこで、急増するのが、「急性アルコール中毒」です。


飲み会で盛り上がるとついつい起こる「イッキ」コール。


最近はイッキ飲みを禁止しているお店が増えてきましたが、
急性アルコール中毒で救急車で運ばれる人は後をたちません。


最悪の場合には死者が出ることさえあり、イッキ飲みをさせた人や店が
加害者として責任を追及されるケースも増えてきているそうです。


では、どうしてイッキ飲みによって急性アルコール中毒になるのでしょう?


酔いの症状は血液中のアルコール濃度が少しずつあがるとともに
症状も進んでいくというメカニズムになっています。


★酔いの段階とそれぞれの症状、そのときの脳の状態などについて

『飲酒量に比例して、脳が麻痺?!』

通常の場合、血中のアルコール濃度が最高値に達するには、
飲み始めてから30分〜60分程度の時間がかかります。


ところが、イッキ飲みをすると、大量のアルコールが一瞬で体内に入るため、
肝臓での代謝が追いつかず、酔いの段階もイッキに飛びこしてしまいます。


いきなり血中アルコール濃度が上昇すれば、立つこともままならならず、意識もはっきりせず、
話している言葉もめちゃくちゃな状態になってしまい、翌朝記憶がないとまでに。
この時の脳は、小脳から海馬までマヒしています。


そして、最悪の場合、昏睡状態や大小便の失禁、呼吸のマヒまで引き起こし
死亡にいたるような極めて危険な状態にまでなるのです。


いつものように、ゆっくり飲んでいると、酔いの症状によって自分で飲酒の限界を
判断できると思いますが、イッキ飲みをすると、途中でカラダや脳が、
ストップサインを出すことがないまま、一気に脳がマヒし、呼吸が止まることにも。


イッキ飲みの怖さは、イッキ飲みをして、グラスやジョッキを置いた瞬間に、
すぐに酔いがまわるわけではありません。


実際に酔いのピークがやってくるのはしばらく後!!
ですから、飲み終わった後「まだ大丈夫…」と思って飲み続けていると、
症状がそれこそ、イッキにやってくるのです!!


以前にもお話ししましたが、お酒の強い弱いには個人差があります。
日本人の約4割はお酒に弱い体質だといわれています。
アルコールを分解する酵素が弱かったり、持っていないのですから、
こればかりは、練習してもお酒に強くなることはありません。


しかも、お酒に弱い人や女性は少し飲んだだけでも
急性アルコール中毒になる可能性が高いのです。


アルコールチェッカーであなたの血中濃度を計ってみましょう!


また、これからの時期は飲酒運転が急増します。
少しの飲酒でも脳がマヒしていることを覚えておいてくださいね。


酒乱になる人、ならない人 (新潮新書)
酒乱になる人、ならない人 (新潮新書)
新潮社
price : ¥714
release : 2003/12

酒乱な人も酒乱じゃない人も。

遺伝子や脳のはたらき等、普段ならとっつきにくく敬遠するようなことが
平易な言葉で解説されているので、読みやすかった。
酒好きな著者の人柄も端々にうかがえ、最後まで楽しく読めた。
アルコールの問題を抱えている人もそうでない人も一読を。



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.