アルコール依存症の禁断症状とは?!

飲酒が適度であるなら、心の緊張を解いたり、コミニケーションがうまくいったりと いい影響も考えられます。 しかし、過度の飲酒を長期間続けていると、アルコールに対する依存が 生じてしまいます。 アルコール依存症になってしまうと、急に飲酒を中断...

スポンサードリンク



飲酒が適度であるなら、心の緊張を解いたり、コミニケーションがうまくいったりと
いい影響も考えられます。


しかし、過度の飲酒を長期間続けていると、アルコールに対する依存が
生じてしまいます。


アルコール依存症になってしまうと、急に飲酒を中断すると、
6〜12時間ほど経過してから、心と体に変調、つまり禁断症状が現れます。


軽度の症状

●不安
●頭痛
●不眠

中程度の症状

●手の震え
●興奮
●悪心、嘔吐
●発汗、動悸

重度の症状

●てんかん発作
●幻覚
●意識の混濁(時間、場所・空間がわからなくなる


この症状には個人差がありますが、
一般的には、飲酒の量、期間に比例しています。

★アルコール依存症チェック


アルコール依存症かどうかを知るには、WHOによる診断ガイドラインがあります。


お酒が好きなあなた!!チェックをしてみましょう!!


1. 「飲みたい」という強い欲望、または切迫感がある

2. 飲み始めや飲み終わり、飲酒量をコントロールすることが困難

3. 飲酒を中止したり、減らしたりすると禁断症状がでる

4. 酔いを感じるために、以前より飲酒量を増やした

5. 飲酒のために他の楽しみや興味がなくなり、
   飲んでいる時間や酔っている時間が長くなった

6. 心身や生活などに支障が出ているのをわかっていても、
   飲まずにはいられない感情があり、飲んでしまう。
        

これらの項目のうち、3つ以上チェックされたら、
アルコール依存症の疑いがあります。


★アルコール依存症になりやすいタイプ


「酒がないと本音で話せない」「酒を飲むと明るくなれるので飲む」など、
酒の力を借りないと人とコミニケーションが計れない人は、


ストレスを感じるたびに酒量が増えてきて、気づかないうちに
アルコール依存症になってしまっていることがあります。


あなたは、大丈夫でしたか?




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.