肝臓がんは2種類ある?!

肝臓にできる「がん」は、まず、二つに分類されます. ●原発性・・・肝臓自身から発生する「がん」 ●転移性・・・他のがんが肝臓に転移してできる「がん」 肝臓に転移を起こしやすいがんは、 胃がん、膵臓がん、肺がん、大腸がん、胆嚢がん、子宮がん...

スポンサードリンク


肝臓にできる「がん」は、まず、二つに分類されます.


●原発性・・・肝臓自身から発生する「がん」

●転移性・・・他のがんが肝臓に転移してできる「がん」

肝臓に転移を起こしやすいがんは、
胃がん、膵臓がん、肺がん、大腸がん、胆嚢がん、子宮がんなど。


そして、

原発性の肝臓がんは、二種類があります。


●肝細胞から発生・・・「肝細胞がん」

●胆汁の通り道である胆管の細胞から発生・・・「胆管細胞がん」


全国集計によると,原発性の肝臓がん全体の中では、
肝細胞がんが95.6%。胆管細胞がんは3.1%で、大部分が肝細胞がんです。


ですから、「肝臓がん」といえば,通常は「肝細胞がん」のことを指しています。


「肝細胞がん」の原因はまだよくわかっていないそうですが、
肝硬変患者の約半数に肝臓がんが発生しています。


特にB型やC型の慢性肝炎から肝硬変になった場合や、
アルコールの多飲者に肝臓がんの危険性が高いとのことです。




スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.