肝臓がんの検査方法とは?

肝臓がんは早期発見、早期診断が大切です。AFP(アルファフェトプロティン)やPIVKA-IIなどの 肝臓がん特有の「腫瘍マーカー」の測定、超音波検査(エコー)、CT、MRI、血管造影など。

スポンサードリンク


肝臓がんはなんといっても、早期発見、早期診断が大切です。


肝臓がんの検査


肝臓がんになる可能性の高い人、つまり、ウイルス性肝炎や肝硬変にかかっている人は、AFP(アルファフェトプロティン)やPIVKA-IIなどの肝臓がん特有の「腫瘍マーカー」の測定を受けましょう。


超音波検査(エコー検査)、CT、MRI、血管造影などの画像診断を定期的に行うスクリーニングが大切です。


肝臓がんの発見


ある病院の統計によると


登録患者さんの肝臓検診で発見された肝臓がんは、

登録患者数  1685人の延べ検査数 22665回 で、発見された肝臓がんが 290人と、17.2% の高さになっています。


父の肝臓がん


私の父の場合には、別の病気で入院したときに、
血液検査でC型肝炎の慢性肝炎であることがわかりました。


C型肝炎に感染して、すでに40年以上経っていると思われます。


そこで、主治医は、詳しく超音波検査やCTで肝臓をチェックし始めました。


1ヶ月ごとに定期検診に通って血液検査を行い、
1ヶ月おきに超音波検査とCT、MRI検査を交互に行っていきました。


定期検診に通い始めて1年くらい経ったとき、エコーとCTで肝臓の表面に
1cmにもならないくらいの小さな「がん」が見つかりました。


そこで、入院して肝動脈血管造影検査が行われました。


太もものつけ根の大動脈からカテーテルという細い管を挿入し、
肝動脈に達したところで造影剤を注入して、X線撮影をする検査です。
これで、がんの個数や広がり具合などの情報が得られるのです。


でも、大動脈にカテーテルを挿入するのですから、出血の可能性もあったり、
麻酔をして行うために、夜の付き添いが必要でした。
検査を受けた父もかなりきつそうでした。


幸いなことに、1つだけでしたので、がんの治療をすることになり、
主治医から、治療法の説明を受けました。


,

★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★



スポンサードリンク
この記事は参考になりましたか?あなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの応援クリックが励みになります↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ応援


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.34 Copyright(C) 2005-2009 血液の話Q&A Allrights reserved.